Rename

Default Rename(デフォルト名の変更)

このプラグインが提供するのは基本的な名前変更機能です。単純にファイルを別のフォルダーにコピーし、ファイル名を変更します。デフォルトでは、新しいファイルには一意のIDが付けられ、拡張子が保持されます。

プロパティ:

Table 1.
フィールド 説明
Icon プラグインアイコン
Sub-type Rename このプラグインのサブタイプ
Classification Capacity このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context job、asset、event * スクリプト作成コンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか。*イベントオブジェクトは、イベントハンドラーで実行しているアクションのコンテキストでしか見られない点に注意してください。
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Timeout   タイムアウトを選択するかどうか
Auto retry   自動再試行を選択するかどうか
Compatibility 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Folder Resourceが指定されている場合、Filesystem Pathは無視されます。Folder Resourceが指定されていない場合、Filesystem Pathを指定する必要があります。

Table 2.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
Folder Resource Resource (Folder)   出力ファイルは指定されたFolder Resourceに置かれます
Filesystem Path string   出力ファイルはサーバーファイルシステム内の指定位置に置かれます
preserveFileEnding boolean   ファイル末尾を保持

Asset Rename(アセット名変更)

プロパティ:

Table 3.
フィールド 説明
Icon プラグインアイコン
Sub-type Rename このプラグインのサブタイプ
Classification アセット このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context job、asset、event * スクリプト作成コンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか。*イベントオブジェクトは、イベントハンドラーで実行しているアクションのコンテキストでしか見られない点に注意してください。
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Timeout   タイムアウトを選択するかどうか
Auto retry   自動再試行を選択するかどうか
Compatibility 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 4.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
File Complex 0~1 アセットファイル名変更ための詳細情報
  • File Name
文字列   新しいアセットファイル名
  • Preserve file extension?
Boolean   ファイル拡張子を維持。
アセット Complex 0~1 Ooyala Flexアセット名変更のための詳細情報。
  • Asset Name
文字列   新しいアセット名。
  • Append file extension?

Boolean   ファイル拡張子を追加。

この記事はお役にたちましたか?