時間指定アクションプラグイン

非アクティブ外部ユーザーの無効化

プロパティ:

Table 1.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification 非アクティブユーザーの無効化 このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context ジョブ スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 2.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
無操作時間日数 integer 1 無操作時間日数、この期間後にOoyala Flexでユーザーが無効になります。(#)

メタデータ条件でのアクション実行

特定のメタデータスキーマインスタンスおよび指定したフィールド値を持つすべてのアセットを見つけます。次に、個別のジョブの形式で指定したアクションを通じて、これらのアセットが実行されます。

プロパティ:

Table 3.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification 時間指定アクション このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context ジョブ スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 4.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
メタデータ定義 メタデータ定義   予想するコンテンツメタデータ定義の名前
日付の一致 complex 0~* 日付フィールドと現在の日付との一致
  • 日付フィールド
string   一致の対象の日付フィールドの名前
  • 日付オフセット
integer   比較する前に現在の日付を修正する正/負の日数
値の一致 complex 0~* 文字列/本文/数字フィールドと指定した値との一致
  • フィールド
string   一致の対象のフィールドの名前
string   一致の対象の値
Action Action   条件に適合したときに実行するアクション

外部ユーザーとの同期

プロパティ:

Table 5.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification 外部ユーザーとの同期 このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context ジョブ スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 6.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
外部サービスエンドポイント string   ユーザーがOoyala Flexで同期される必要がある外部サービスのエンドポイントURL
Username     外部サービスからユーザーを取得する場合に使用するユーザー名
Password     外部サービスからユーザーを取得する場合に使用するパスワード
認証プロバイダー      

時間指定内部スクリプト

プロパティ:

Table 7.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification 時間指定アクション このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context ジョブ スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 8.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
Script complex    
  • Groovy Script
スクリプト 0~1 スクリプトコンテンツ(execute()と呼ばれるメソッドを作成)
  • Groovy Script File
ファイル 0~1 Groovyスクリプトファイル(execute()と呼ばれるメソッドを作成)

時間指定データベースインポート

外部データベースに定期的に接続することができます。次に、クエリの実行、データベースからの情報の取り出し、さらにその後の情報処理をすることができます。

プロパティ:

Table 9.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification データ このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context サービス、コンテキスト、定義する変数名 スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 10.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
データソース Complex   データベースソースの詳細

接続URL

文字列   データベース接続URLCSVファイルの場合、これはCSVファイルを保存しているソースフォルダーです。

データベースタイプ

Single Option   データベースタイプ

My SQL

オプション-チャイルド      

SQLサーバー

オプション-チャイルド      

CSV

オプション-チャイルド      

ユーザー名

Password   データベース接続パスワード

Password

Password   データベース接続パスワード

SQLクエリ

文字列   実行するSQLクエリ
Result Processing Complex   Result Processing

Variable Name

文字列   Variable Name

Groovyスクリプト

Complex   Groovyスクリプト

スクリプト

Script   更新のために実行するGroovyスクリプト

Script Imports

Complex   Script Imports

JAR File URL

文字列   スクリプトにインポートするJARファイルのURL

Script Import

文字列   使用するスクリプトインポート。

時間指定Groovyスクリプト

時間指定基準でGroovyスクリプトを定期的に実行することができます。

プロパティ:

Table 11.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification Script このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context サービス、コンテキスト、定義する変数名 スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 12.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
Script Contents Complex   Script Contents

Groovy Script

Script 0~1 スクリプトコンテンツ(execute()と呼ばれるメソッドを作成)

Groovy Script File

File 0~1 Groovyスクリプトファイル(execute()と呼ばれるメソッドを作成)

File Name

文字列   ファイルの名前

File Path

文字列   ファイルパス
Script Imports Complex   Script Imports

JAR File URL

文字列 0~* スクリプトにインポートするJARファイルのURL

Script Import

文字列 0~* 使用するスクリプトインポート

外部時間指定スクリプト

プロパティ:

Table 13.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification Script このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context サービス、コンテキスト、定義する変数名 スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

構成:

Table 14.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
Class Name string   使用する完全修飾クラス名。
JAR File URL string 1 外部クラスを含むJarファイル(URL)。

時間指定HTTPメッセージ

定期的な外部HTTPデータソースへの接続、情報の取得、およびその処理を行うことができます。

構成:

Table 15.
フィールド フィールドタイプ 必須 多重性 説明
HTTP Request Message Complex   HTTP Request Message

URL

文字列   リクエストのURL

GET

       

POST

       

PUT

       

DELETE

       

PATCH

       

ヘッダー

Complex 0~* リクエストに応じて追加する追加ヘッダー

Name

文字列   ヘッダー名

Value

文字列   ヘッダー値

基本認証

  0.1 OAuth 2.0 Authentication

トークンURL

文字列   トークンURL

Client ID

文字列   トークン取得用クライアントID

Client Secret

Password   トークン取得用クライアントシークレット

はい

       

No

       

リクエスト

Complex 0~1 PUTまたはPOSTメソッドに対して送信するリクエストデータ

リクエストデータ本文

Text   リクエストデータ本文

Content Type

文字列   コンテンツタイプ

Character Set

文字列   文字セット

XSLT

File 0~1 リクエストデータXMLに適用するスタイルシート

File Name

文字列   ファイルの名前

File Path

文字列   File Path

パラメーター

Complex 0~* GETパラメーターで使用するキー/値のペア

キー

文字列   キー名

Value

文字列   値キー
Result Processing Complex   Result Processing

Variable Name

Complex   Groovyスクリプトで使用するHTTP応答オブジェクト変数名

Groovy Script

Script   後処理用に実行するGroovyスクリプト

Script Imports

Complex   Script Imports

JAR File URL

文字列 0~* スクリプトにインポートするJARファイルのURL

Script Import

文字列 0~* 使用するスクリプトインポート

TV2メタデータ同期タスク

プロパティ:

Table 16.
フィールド 説明
アイコン プラグインアイコン
Sub-type 時間指定アクション このプラグインのサブタイプ
Classification タスク このプラグインの分類
Deployment Internal プラグインのデプロイ場所がOoyala Flex内部か他の製品内か
Supports Configuration このプラグインが構成をサポートするかどうか
Supports Scripting この構成がスクリプトをサポートするかどうか
Scripting Context サービス、コンテキスト、定義する変数名 スクリプトのコンテキストからどのOoyala Flexオブジェクトを参照できるか
Undo Action   このアクションを元に戻すために必要なアクション
Redo Action   このアクションをやり直すために必要なアクション
Compatability 5.x このプラグインがどのバージョンのOoyala Flex用か
Lifecycle Stable このプラグインの成熟度(Experimental、Unstable、Stable)

この記事はお役にたちましたか?