基本的なナビゲーション

このセクションでは、Ooyala Flex Consoleに見られる基本的なナビゲーションの概念を確認します。ナビゲーションに習熟することで、より有効にOoyala Flexを使用できるようになります。

Ooyala Flexは、きめ細かいアクセスコントロールをサポートしています。これは、Ooyala Flexで表示および実行できるものは、割り当てられたロールおよびそれらのロールに割り当てられた権限によって決まることを意味します。また、すべてのユーザーとオブジェクトが単一のアカウントに属していることも意味します。

ツールバーの概要

ツールバーは画面の右側にあり、表示中のダッシュボードにかかわらず表示されます。ツールバーの一部のオプションは、現在どのダッシュボードにいるかによって変わります。たとえば、ジョブダッシュボードにいる場合、アセットバスケットごみ箱、およびアセット検索フィールドがツールバーに表示されます。

 

ツールバーオプション

 

A) 新規:新規ドロップダウンには、新しいオブジェクト(アカウントアセットリソースユーザーなど)を作成するオプションがあります。

 

B) Webアップロード:Ooyala Flex Webアップローダーによってポップアップウィンドウが開きます。このポップアップウィンドウでは、自分のコンピューターからアップロードウィンドウにファイルを直接ドラッグすることで、アセットをOoyala Flexにアップロードすることができます。

 

 

C) Transfer Agent:Transfer Agentは、Ooyala Flexプラットフォームとの間で行われる大容量メディアファイルおよびメタデータの転送の管理を支援するために使用できるデスクトップアプリケーションです。

 

D) イベント:ここでは、自分のアカウントにあるイベントを検索することができます。フィルターを使用して特定の検索基準を指定することができます。また、その検索結果は後で使用するために保存することもできます。

 

E) システムサマリー:ここでは、システムに保持しているアセット、プレイヤー、タスク、ジョブ、ワークフロー、およびリソースの包括的なサマリーを、それらの現在のステータスなどの詳細とともに表示することができます。たとえば、自分のアカウントにあるワークフローの総数に加えて、実行中、失敗、キャンセル済み、キャンセル中、および完了のワークフローの数も確認することができます。

 

F) ショートカット:特定のオブジェクトへのショートカットを作成すると、ショートカットはツールバーのショートカットリストに表示されます。ショートカットは、Ooyala Flex内のオブジェクトに割り当てることができ、素早くアクセスしたいシステム内のオブジェクトを「ブックマーク」する際に役立ちます。

 

ショートカットを作成するには、既存のオブジェクトに移動し、オブジェクトの詳細セクションの右上隅にあるショートカットを追加オプションを選択します。

 

ショートカットを削除するには、オブジェクトの詳細セクションの右上隅にある追加済みオプションを選択するだけです。

 

G) フォローイング:ここでは、フォローしているアイテムに素早くアクセスすることができます。Ooyala Flex内に存在するオブジェクトをフォローすることができます。オブジェクト(たとえばアセットなど)をフォローすると、そのオブジェクトに対して変更が加えられたときに通知されます。

 

オブジェクトをフォローするには、そのオブジェクトに移動し、オブジェクトの詳細セクションの右上隅にあるフォローオプションを選択するだけです。

 

オブジェクトをフォロー解除するには、オブジェクトの詳細セクションの右上隅にあるフォローイングオプションをクリックするだけです。

 

H) 保存した検索:Ooyala Flexで行った検索結果を保存することができます。検索結果を保存すると、ツールバーの保存した検索リストから検索結果にアクセスすることができます。

タイトルが「ビデオ」になっているアセットの検索例、および検索結果がツールバーに保存されたときの外観を以下に示します。

 

I) 最近のアイテム:最近のアイテムオプションには、最後にアクセスした30個のアイテムが表示されます。これらのアイテムは新しい順に表示されます。リスト内のいずれかのアイテムをクリックすると、そのオブジェクトに関連するオブジェクトの詳細セクションが直接表示されます。リストのアイテムをワイプすると、アイテムの概要も確認することができます。

この記事はお役にたちましたか?