はじめに

Ooyala Flexはメディア物流プラットフォームです。このプラットフォームはあらゆる要素を高度にカスタマイズでき、ビジネスと市場の急速な変化に最小限の運用コストで対応可能です。Ooyala Flexは制作から配信まで、コンテンツワークフロー全体の管理をサポートすることを目的としています。プラットフォーム、形式、ユーザーインターフェースを問わず使用できるため、幅広い事業部門や業界で活用できます。また、カスタムインターフェースを作成したり、Ooyala Flexを既存のプラットフォームに埋め込むことも可能です。

他とは違うOoyala Flexの特徴

Ooyala Flexは極めて高性能なメディア物流プラットフォームであり、ワークフローのあらゆる段階で、よりインテリジェントなコンテンツ管理とコスト削減をサポートすることを目的としています。Ooyala Flexが他とは一味違う優れたツールである理由は、以下に紹介する諸機能にあります。

メディア物流プラットフォームには、次のような特性があります。

  • 高度に構成可能
  • 形式に依存しない
  • 高度な自動化を提供
  • 高度に拡張可能(組み合わせ可能)
  • マルチテナント
  • 高い拡張性
  • クラウドが有効

Ooyala Flexは次の各機能で構成されます。

Core:基本的にOoyala Flexの基幹を成し、すべてのビジネスプロセスの統率をサポートします。

Transfer:アセットの手軽なアップロードを可能にします。転送は2つのツールから成ります。1つは、個別のファイルをすばやくアップロードできるHTML5 Webアップローダー。そしてもう1つは、一括アップロードを実行でき、特に大容量のファイルもアップロードできるTransfer Agentです。

Workflow:さまざまなビジネスプロセスの自動化をサポートします。ワークフローを作成することで、ユーザー、アセット、データをすばやく効率的に管理できます。

Reviewer:レビューセッションを設定して、アセットをレビューのうえ承認できます。Reviewerの最も優れた点のひとつは、他の従業員と並行して共同でアセットをレビューできることです。スタンドアロンのレビューセッションを設定することも、Workflowを介して設定することも可能です。

Analytics:Ooyala Flexのさまざまなエリアをトラッキングできます。これには、アセット、ユーザーアクティビティ、タスクなどのトラッキングが含まれます。また、アナリティクスはフィードバックループを有しており、これにより特定のデータ片を分離して、さらに深く掘り下げることができます。

MAM:アセットの再生、コメント、整理、編集のすべてを1つの画面で行うことができます。さらにその後、選択した送信先にこれらのアセットを直接公開することが可能です。

Objects:ビジネスデータを簡単にモデル化しトラッキングできます。さらに、このデータを他のユーザーやサードパーティーのシステム、そして独自のワークフローと共有できます。

公開:多様なWebチャンネル、モバイル、タブレット、コネクテッドTV、ゲーム機などにアセットを公開できます。プレイヤーを使用してコンテンツを再生でき、企業のブランドに合わせてプレイヤーの外観、イメージ、動作をカスタマイズして構成できます。

この記事はお役にたちましたか?