Reviewerとは

Reviewerは、アップロードされたアセットに対するタイムコードされたコメントを、インターネットに接続されていればいつでも、どこでも素早く安全にレビューし、承認し、送信できるアプリケーションです。

Reviewerでは、次のことができます。

  • アップロード中にレビューセッションを作成する(ワークフローからも可能)。
  • セッションの持続時間を指定する。
  • 他のOoyala Flexユーザーを招待し、レビューセッションに参加させる。
  • 外部のユーザーを招待してレビューセッションを閲覧させる。
  • 現在レビュー中のアセットをレビューアがダウンロードできるようにする。
  • アセット内の特定のフレームに対してコメントをする。
  • 他のユーザーがアセットに投稿したコメントを、フィルタを使用して検索する。
  • レビューポータル内の既存のレビューセッションをフィルタを使用して検索する。
  • 全プロセスをトラッキングする。

Reviewerへのアクセス

ユーザーが自分に割り当てられたレビューセッションにアクセスするには、3つの方法があります。それぞれを以下に説明します。

方法1:Ooyala Flex Consoleからアクセスする

自分に割り当てられたレビューセッションに、Ooyala Flex Consoleからアクセスできます。これを実行するには、次のステップに従います。

1) 自分に割り当てられたアセットを表示します。

2) レビューフィールドで、ドロップダウンからレビューを選択します。

3) ブラウザの別のタブにReviewerが開きます。

方法2:メールからアクセスする

レビューセッションが割り当てられている場合、リンクが書かれたメールを受け取ります。リンクをクリックすると、ブラウザでReviewerが開き、メディアアセットレビュー画面が表示されます。

方法3:Reviewerにログインする

コアUIのレビューセッションからReviewerにアクセスする他に、Webブラウザからもアプリケーションに安全に単独でログインできます。

Reviewerにログインするには、次の手順を行います。

1) Reviewerログインページを表示します。

2) ユーザー名フィールドにユーザー名を入力します。

3) パスワードフィールドにパスワードを入力します。

4) Reviewerブラウズページが開きます。

ログイン情報を忘れた場合は、各フィールドの下にある

ユーザー名とパスワードのいずれかを忘れた場合、ユーザー名を忘れた場合およびパスワードを忘れた場合のリンクをクリックします。

いずれかのリンクをクリックすると、ポップアップが開きます。そこで適切な情報を入力します。たとえば、パスワードを忘れた場合は、アカウントに接続されているメールアドレスを入力します。

Reviewerのログアウト

Reviewerからログアウトするには、画面右上にあるプロファイル画像をクリックし、ドロップダウンでサインアウトをクリックします。

インターフェース

ログインが完了すると、以下のようなReviewerブラウズページが表示されます。ブラウズページでは、新規、アクティブ、終了/期限切れ状態のレビューセッションがすべて、別々のカルーセルで表示されます。

上部ツールバー

ランディングページの上部には、ツールバーがあります。

このツールバーには、多くの便利な機能があります。それぞれを以下に説明します。

検索バー:検索バーは、レビューセッションの検索に使用します。検索バーにキーワードを入力するだけで検索を行えます。

ホーム:ホームアイコンをクリックすると、Reviewerのどのページにいても、ブラウズページに戻ることができます。

プロファイル画像:右上隅には、プロファイル画像が表示されます。このアイコンをクリックするとドロップダウンメニューが表示され、設定セクションの表示やReviewerのサインアウトが可能です。

コンポーネント

タイル

各レビューセッションはタイルとして表示されます。タイルは、Reviewerブラウズページのそれぞれのカルーセル内に表示されます。タイルに表示される詳細はレビューセッションの状態によって異なります。たとえば、期限切れのセッションの場合、タイルに「期限切れ」と表示されます。

パネル

任意のレビューセッションタイルをクリックすると、レビューセッションサマリーパネルが表示されます。このパネルには、情報タブ、コメントタブ、レビューオプションがあります。

情報タブ:このタブには、レビューセッションに関する各種詳細が表示されます。たとえば、レビューの名前、レビューアの作成者によって生成された指示、アセットの長さ、1秒当たりのフレームレート、開始時間コード、イニシエーター、セッションの有効期限などです。

コメントタブ:ここでは、あるアセットについて付けられたコメントのリストが表示されます。コメントタブアイコンの右上に表示される数字は、そのアセットに対して付けられたコメントの合計数を示しています。たとえば、そのアセットについて3件コメントが付いている場合、3と表示されます。

レビュー:レビューオプションはパネルの最下部にあります。このオプションをクリックすると、アセットに関連するレビューセッションが開きます。

レビューセッションのステータス

前のセクションで述べたように、レビューセッションには4つの異なる状態があります。これについて以下に説明します。

新規:作成されたばかりのレビューセッションです。「新規」のレビューセッションは新規カルーセル内に表示されます。

アクティブ:「アクティブ」状態のレビューセッションは、現在進行中のレビューセッションであり、そのユーザーがアセットのレビューを開始したことを示します。そのユーザーがレビューを開始しなければ「アクティブ」とは表示されないことに注意してください。そのレビューセッションに関連付けられているが、そのアセットのレビューをまだ開始していない他のユーザーには、「アクティブ」とは表示されません。レビューが「アクティブ」状態のときは、レビューを閉じても、いつでもまた戻ってレビューを続けられます。

終了:レビューが「終了」状態の場合、そのユーザーがアセットのレビューを完了し、レビューを終了したことを表します。そのユーザーがレビューを終了した場合のみ、「終了」と表示されることに注意してください。そのレビューセッションに関連付けられているが、そのアセットのレビューをまだ終了していない他のユーザーに対しては、引き続き「アクティブ」の状態となります。

期限切れ:レビューセッションが「期限切れ」状態の場合、アセットのレビューを行うために設けられていた有効期間が切れたことを示します。例:レビューセッションの設定担当者が、有効期間を14日間に設定したとします。これは、ユーザーはレビューを提出するまでに14日間しかないことを示します。有効期限はレビューセッションに関連付けられたすべてのユーザーに適用されます。ユーザーがレビューを完了したかどうかに関わらず、レビューセッションは「期限切れ」状態になります。

注記:期限切れ/終了カルーセルの最下部では、ドロップダウンで対応するオプションを選択することで、終了したセッションだけ、または期限切れのセッションだけを表示することができます。

ステータスカルーセル

ブラウズページの各カルーセルは、レビューセッションのステータスを表しています。そのため、あるレビューセッションの状態が「アクティブ」の場合、「アクティブ」カルーセルに表示されます。

次の3つのカルーセルがあります。

  • 新規カルーセル:新しく設定されたレビューセッションがある場合、ここに表示されます。
  • アクティブカルーセル:現在参加しているレビューセッションがここに表示されます。
  • 終了/期限切れカルーセル:ユーザーが完了したレビューがここに表示されます。期限切れのセッションもここに含まれます。期限切れのレビューセッションと終了したレビューセッションは、カルーセルの上にあるフィルタを使用して切り替えることができます。

注記:各カルーセルの上部にある前進、後進の矢印を使用して、カルーセルをスクロールできます。

注記:また、それぞれのカルーセルに含まれるすべてのレビューセッションを1ページに表示するにはすべてを表示 リンクをクリックします。

新規レビューセッション

自分で設定した新規レビューセッションが新規カルーセルに表示されます。他のレビューセッションに割り当てられた場合も、そのセッションがここに表示されます。新規レビューセッションは、左から右に(最も新しいものから最も古いものへ)表示されます。

自分に関連する新規レビューセッションをすべて表示するには、新規カルーセルの右上にあるすべてを表示リンクをクリックします。

アセットのレビュー

アセットをレビューするには、次の手順に従います。

1) 任意の新規レビュータイルをクリックします。画面右側にレビューサマリーパネルが表示されます。

2) レビューサマリーパネルの下部で、レビューオプションをクリックします。

3) メディアアセットレビュー画面が表示されます。ここで、割り当てられたアセットのレビューを開始できます。

このページを表示している間、上部ツールバーにレビュー有効期限が表示されます。この有効期限までに、アセットのレビューを完了しなければなりません。この日付はページの右上に表示されます。

メディアアセットレビュー画面には、以下の要素が表示されます。

プレイヤー:アセットの再生と一時停止を行います。

タイムライン:アセットにコメントが投稿された箇所を示します。

レビューセッション中にコメントパネルでコメントをクリックすると、タイムラインがコメント投稿箇所にジャンプします。

コメントタブ:アセットの特定のフレームまたは一連のフレームに対してコメントを投稿できます。

情報タブ:アセットに関する情報を提供します。たとえば、次の情報が含まれます。

  • レビュー名
  • 他のアセットとそのアセットの関係
  • 長さ
  • 1秒当たりのフレームレート
  • 作成日

終了:アセットのレビューが完了したら、終了オプションをクリックする必要があります。

このオプションをクリックすると、レビューセッションの終了ポップアップが表示されます。このポップアップで、承認または拒否を行い、レビューセッション全体に対する最終コメントを残すことができます。

レビューセッションプレイヤー

先に述べたように、プレイヤーを使用すると現在レビュー中のメディアアセットを再生および一時停止できます。プレイヤーでは、特定のフレームまたは一連のフレームについてコメントを投稿するためにインポイントとアウトポイントを設定することもできます。

プレイヤーを使用するときは、次のコンポーネントが表示されます。

タイムコード:タイムコードは、アセットの再生中に現在の場所を示します。

プログレスバー:ビデオ全体の長さに対する相対的な現在の再生位置を表示します。タイムラインにインポイントとアウトポイントをマークした場合、プログレスバーに表示されます。

プレイヤーコントロール:プレイヤーコントロールでは、フレームの再生、一時停止、スキップが可能です。

イン/アウト:インおよびアウトオプションを使用すると、アセットの1つまたは複数のフレームに対してコメントできるよう、インポイントとアウトポイントをマークできます。

全画面:このアイコンを使用すると、アセットを全画面表示で見ることができます。

ボリュームコントロール:ボリュームコントロールでは、ボリュームを大きくしたり小さくしたりできます。

シークバー:トグルアイコンを左右にドラッグすることで、アセット内をシークできます。

プレイヤー用キーボードマッピング

プレイヤーには、画面上のアイコンの代わりに使用できるショートカットキーがあります。キーボードショートカットは以下のとおりです。

Table 1.
Key

機能

スペースキー 再生の切り替え

左矢印キー

前のフレーム

右矢印キー

次のフレーム
i インポイントをマーク
o アウトポイントをマーク

レビューセッションのタイムライン

レビューセッションタイムラインを見ると、アセットのどの箇所にコメントが投稿されているかを大まかに把握することができます。タイムラインの任意の場所をクリックすると、ビデオ内の指定された場所にプレイヤーが自動的にジャンプします。

そのアセットに対して投稿されたすべてのコメントは、色付きのコメントブロックとしてタイムライン上に表示されます。例:色付きブロック内の任意の場所をクリックすると、アセットの中でそのコメントが投稿された特定のポイントに移動できます。

タイムラインでは、コメントしたユーザーによって、既存のコメントをフィルタリングすることができます。たとえば、ある特定のユーザーが投稿したコメントのみがタイムラインに表示されるよう設定できます。

コメントパネル

コメントパネルはプレイヤーの右側にあります。デフォルトでは、コメントパネルにはコメントが開始タイムコード順に表示されます。そのため、アセットの論理的な順番でコメントを読むことができます。これは、フィルタによって変更できます。コメントの順番は、必要に応じて、コメントの終了タイムコードおよびタイムスタンプで並び替えることができます。

コメントパネルには、以下の要素があります。

ユーザーのプロファイル画像:メインOoyala Flex Consoleでユーザーが設定したプロファイル画像です。

ユーザーの氏名:Ooyala Flex Consoleでユーザーに割り当てられた名および姓です。

コメントのタイムスタンプ:タイムスタンプは、コメントの投稿日時を示します。

コメント:コメントのテキストそのものは、ユーザーのプロファイル画像および名前の下に表示されます。

並び替えフィルタ:表示されている並び替えアイコンをクリックすると、開始時間、終了時間、日付、ユーザーによってコメントをフィルタリングできます。

ユーザー(自分)がコメントを投稿済みの場合のみ表示されるオプションもあります。それぞれを以下に説明します。

削除アイコン:削除アイコンは、自分が投稿したすべてのコメントの横に表示されます。他のユーザーが投稿したコメントを削除することはできません。そのため、他のユーザーが投稿したコメントの横には削除アイコンは表示されません。

注記:対応する権限が与えられている場合は、他のユーザーのコメントを削除できる場合があります。

コメントの投稿

インポイントとアウトポイントを指定して、特定の1つまたは複数のフレームに対してコメントを投稿できます。

注記:各コメントの文字数制限は255文字です。

アセットに対してコメントを投稿するには、次の手順に従います。

1) アセットの再生を開始します。

2) ビデオ内のコメントを開始するポイントに到達したら、インを設定 アイコンをクリックします。インポイントが設定され、マーカーで表示されます。

3) コメントを終えるポイントまで来たら、アウトを設定 アイコンをクリックします。アウトポイントが設定され、マーカーで表示されます。指定したインポイントとアウトポイントを変更するには、タイムライン上のマーカーをクリックしてドラッグします。

4) インポイントとアウトポイントの間のフレームを指定したら、コメントボックスにコメントを入力します。

注記:インポイントとアウトポイントは、リセットI/Oアイコンをクリックするとリセットできます。このアイコンをクリックすると、インポイントとアウトポイントの両方が00:00:00:00にリセットされます。

注記:アセット全体に対してコメントを入力するには、インポイントとアウトポイントを指定せずにコメントを投稿します。

アセットのダウンロード

先に述べたように、レビューアがアセットをダウンロードしてローカルマシン上で閲覧できるかどうかを指定できます。

レビューセッションを作成したユーザーによってこのオプションが指定されている場合、ダウンロード アイコンをクリックして、アセットをダウンロードできます。

注記:レビューアにアセットをダウンロードする権限を与える場合、アセットは恒久的にダウンロードされます。

レビューの完了

割り当てられたレビューを完了するには、メディアアセットレビュー画面の右下にある終了オプションをクリックします。

終了オプションをクリックすると、レビューセッションの終了ポップアップが表示されます。

このポップアップには以下の要素があります。

終了コメント:レビューセッションを総括する、全体的な最終コメントを記入できます。たとえば、アセットの進行を承認または拒否する理由についての情報を書き込むことができます。

承認:承認オプションを使用すると、アセットの進行を承認できます。

拒否:拒否オプションを使用すると、アセットの進行を拒否できます。

検索

多くのレビューセッションがある場合、検索バーを使用できます。レビューセッションを検索するには、次の手順に従います。

1) 上部ツールバーの検索バーの中でクリックします。

2) 検索対象のレビューセッションに関連するキーワードやフレーズを入力します。たとえば、タイトルの一部などです。

3) 検索アイコンをクリックするか、そのままEnterキーをクリックします。

4) レビューセッションのリストが状態カルーセル(新規、アクティブ、終了など)に分かれて表示されます。

レビューセッションの作成

アップローダーを使用してレビュー用アセットを送信する

レビューセッションを設定するには、メインOoyala Flex ConsoleでWebアップローダーを使用します。このとき、そのレビューセッションについて次のようなあらゆる情報を指定できます。

  • セッションの名前
  • アセットのレビューアとして割り当てるユーザー
  • 読み取り専用レビューアとして追加する外部のレビューア
  • レビューセッション全体に関する任意のコメント
  • セッションの有効期限
  • レビューアがアセットをローカルマシン上で閲覧できるようダウンロードを許可するかどうか

レビューセッションを設定するには2つの方法があります。コアでアセットをアップロード中にレビューセッションを作成する方法と、コアの既存のアセットを表示してレビューセッションを作成する方法です。

既存のアセットにレビューセッションを作成する

既存のアセットについてレビューセッションを作成するには、次の手順に従います。

1) メインのOoyala Flex Consoleで、任意のアセットを表示します。

2) アセットカードをダブルクリックすると、アセットの詳細画面が開きます。

3) アセット詳細セクションの上にあるパワーバーで、セッションを開くアクションをクリックします。

4) セッションを開くジョブの作成ポップアップで、レビューセッションの詳細(セッションに参加するレビューア、セッションの名前、セッションの有効期限など)を指定します。

5) レビューセッションの詳細を入力したら、今すぐ実行オプションをクリックします。

6) レビューセッションが作成されます。プログレスバーが100%になると、レビューセッションは使用できるようになります。

アップロード中にレビューセッションを作成する

レビューセッションを作成するには、次の手順に従います。

1) メインのOoyala Flex Consoleで、Webアップローダーを開き、アップロードボタンをクリックします。

2) ポップアップで、ファイルを追加ボタンをクリックします。

3) ダイアログボックスで、アップロードするファイルを選択して開くをクリックします。

もしくは、アップロードウィンドウにファイルをドラッグしてもファイルを指定できます。

4) ポップアップで、アセットのインボックスとワークスペースをそれぞれのフィールドから選択し、OKをクリックします。ファイルのアップロードがバックグラウンドで開始されます。

5) 送信先の選択セクションで、送信先の詳細(作品、シリーズ、エピソード、バージョンなど)を入力します。必要に応じて、メタデータセクションにアセットのメタデータの詳細を入力します。

6) レビューセクションでレビュー用に送信チェックボックスをオンにします。

7) セッション名フィールドにレビューセッションの名前を入力します。

8) セッションの有効期間フィールドで有効期間を選択します。たとえば、セッションの有効期限が3日で切れるようにするには、3日を選択します。

9) レビューアを追加フィールドで、セッションにレビューアを追加できます。レビューアを追加するには、追加するレビューアの名前の最初を入力して、ルックアップから名前を選択します。

10) 追加アイコンをクリックすると、レビューアが追加されます。

11) コメントフィールドでは、レビューアに向けてレビューアセッションに関するコメントを入力できます。このコメントを記録チェックボックスをオンにすると、コメントがOoyala Flexに記録されます。

12) ダウンロードを許可チェックボックスを選択すると、レビューアにレビュー中のアセットをダウンロードする権限を与えます。

13) レビューセッションの詳細を指定したら、保存をクリックします。

閲覧専用レビュー

閲覧専用レビューとは、アセットのレビューアとして割り当てられているが、アセットに対してコメントを投稿できない場合です。通常、これらは外部の関係者(その組織以外のユーザーなど)で、Ooyala Flexへのアクセス権を持ちません。

外部ユーザーをレビューアとして追加するには、セッションにレビューアを追加する際にメールアドレスを追加します。

すると、指定した外部レビューアにリンクを含むメールが送信されます。リンクをクリックすると、レビューセッションが開きます。

管理

コアにおけるReviewerの設定

Reviewerの使用を開始するには、事前にOoyala Flex Core側で行う必要がある構成が多くあります。既存のアセットおよび今後アップロードするアセットについてレビューセッションを作成できるよう、「レビューセッションを開く」アクションを作成および設定する必要があります。このアクションを設定して初めて、セッションを開くボタンがOoyala Flexのすべてのアセットの上部に表示されるようになります。

レビューセッションを開くアクションの作成

レビューセッションを開くアクションを作成するには、次の手順に従います。

1) Ooyala Flex Consoleのツールバーで新規オプションをクリックします。

2) ドロップダウンからアクションを選択します。

3) 新しいアクションを作成画面で、新しいアクションの詳細を入力します。

4) 名前フィールドに、アクションの名前を入力します。たとえば「open-a-new-review-session」などです。

注記:フィールド名は小文字で入力する必要があります。アクション名に大文字が含まれていると、アクションを保存できません。

5) 説明フィールドに説明をオプションで入力します。

6) アクセス権付与フィールドで、アクションが利用できる場所を選択します。

7) プラグインタイプフィールドで、セッションを開くタイプを選択します。

8) プラグインフィールドでアセットレビューセッションを開くオプションを選択します。

9) 保存をクリックします。

10) 構成サブタブをクリックします。

11) 編集オプションをクリックします。

12) セッション名フィールドにセッション名(「Open Session」など)を入力します。

13) イニシエーターフィールドで、レビューセッションを開始するユーザーを選択します。

14) レビューアユーザーフィールドで+記号をクリックし、レビューセッションに含めるユーザーをドロップダウンから選択します。ユーザーは何人でも追加できます。

15) レビューアグループフィールドで、+記号をクリックし、リストからグループを選択します。グループはいくつでも追加できます。

16) 自動終了日時フィールドで、レビューセッションの有効期限が切れる日を選択します。

17) コメントフィールドにコメントをオプションで入力します。

18) コメントの記録フィールドで、コメントを記録するかどうかのチェックボックスを選択します。

19) アセット公開アクションフィールドで、アセットの公開に使用される既存の公開アクションを選択します。

20) ポータルURLフィールドにセッションに使用するポータルベースURLを入力します。

21) メッセージテンプレートフィールドで、既存のOoyala Flexメッセージテンプレートを選択します。そのメッセージが今後のレビューセッションでレビューアとして選定したユーザーに送られます。

注記:メッセージテンプレートを作成するには、Ooyala Flexのメッセージテンプレートのマニュアルを参照してください。

22) ダウンロードを許可フィールドのチェックボックスをオンにすると、レビューアがレビューセッションからアセットをダウンロードできるようになります。

23) 保存をクリックします。

24) 有効をクリックしてアクションを有効にします。

25) セッションを開くアクションが、Ooyala Flexにユーザーがアップロードしたすべてのアセットの上のパワーバーに表示されるようになります。

この記事はお役にたちましたか?