メトリック

以下はv3 Analytics Reporting APIの全メトリックのリファレンス詳細です。

Note: player_loadsを除く、すべてのメトリックはアセットpcodeに関連付けられます。player_loadsメトリックはプレイヤーpcodeに関連付けられています。

メトリックは、metrics=クエリ文字列パラメーターで指定します。複数の値はスペースなしのカンマ区切りにする必要があります。

Note: クエリにmetricsを含めないことで、全メトリックのセットを取得できます。
Warning: urlディメンションのメトリックを指定しない場合、エラーメッセージが返されます。urlディメンションのサポートされているメトリックには以下が含まれます:
  • displays
  • plays_requested
  • video_starts
  • time_watched
  • autoplays
  • player_loads
  • replays
  • uniq_plays_requested
  • uniq_displays
  • uniq_video_starts
  • playthrough_25
  • playthrough_50
  • playthrough_75
  • playthrough_100

特定のメトリックを取得するには、次の例のように指定します。

  • metrics=plays_requested
  • metrics=uniq_plays_requested
  • metrics=displays,uniq_displays

GETレポートの通常シンタックス

ルートとクエリ文字列の基本シンタックスは以下のとおりです。読みやすくするため、1行のリクエストが複数行に分かれています。

[GET] /v3/analytics/reports/?
            report_type=type
            &dimensions=dimensions
            &metrics=metrics
            &filters=filter_type=='filter_value'
            &start_date=date
            &end_date=date
            &other_parms
            &api_key=your_api_key
         
  • 必須クエリ文字パラメーター(太文字で表示)はreport_type, start_dateおよびapi_keyです。
  • ディメンションが指定されていない場合、全ディメンションのすべての値が返されます。
  • 一度に3つのディメンションまで指定できます。
  • メトリックが指定されていない場合、すべてのメトリックが返されます。
Note: 現時点で、report_typeの唯一の有効な値はパフォーマンスです。

長いクエリPOSTをレポートする一般的なシンタックス

230文字のHTTP GET仕様限度を超えるクエリパラメーターのクエリについては、POSTリクエストを使ってください。一部のブラウザとHTTPクライアントは230文字以上に対応している場合がありますが、当社はHTTP GET仕様に違反しているクエリにサポートを提供していません。POSTリクエストについては、クエリ文字パラメーターの代わりにリクエスト本文にJSONオブジェクトをパスします。

[POST] /v3/analytics/reports

{
    "report_type":"type",
    "dimensions":"dimensions",
    "metrics":"metrics",
    "filters":"(filter_type==\"filter_value\")",
    "start_date":"date",
    "end_date":"date",
    "other_parms":"other_param_value",
    "api_key":"your_api_key"
}
         

ユニークユーザー数

ユニークユーザー数を測定することもできます。ユニークユーザー数を計測するには、以下に説明されているようにuniq_plays_requestedメトリックを使用します。OoyalaモバイルSDKはアプリケーション固有の無作為かつ固有のIDを生成して、保存します。その他の環境では、ユニークユーザーはローカルストレージまたはCookieで識別されます。ユーザーがブラウザのキャッシュを削除すると、そのユーザーやデバイスのIDは、次にビデオを視聴したときに再生成されます。生成されたIDは完全に無作為であり、ユーザーを特定する情報は含まれません。必要な情報がない場合、そのユーザーには独自の新しい識別子が作成されます。ユニークユーザー数を計算する際は重複分を排除します。たとえば、ある日にユーザーA、B、Cが記録され、別の日にユーザーB、Eが記録された場合、その両日を日付範囲指定に入れた場合、総ユニークユーザー数は4(A、B、C、E)となり、1日あたりの平均ユニークユーザー数は(3+2)÷2=3(2.5を四捨五入した整数)となります。

ビデオおよび視聴者体験関連メトリック

メトリック名 意味 関連イベント/UIラベル

autoplays

自動再生数(ユーザーの介入なし)  
plays_requested 任意のコンテンツ(ビデオコンテンツ、広告コンテンツ等)で手動もしくは自動で「再生」ボタンがトリガーされた回数。このメトリックにはリプレイ再生イベントは含まれません。
Note: このメトリックの計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーの再生数が増加するかもしれません。
再生ビジネスインテリジェンスページの
displays 再生前に、特定のビデオコンテンツがプレイヤーに読み込みまれ、ビデオ画面が表示された回数(表示回数はアセット別に関連付けられます)。embedコードが変更されるたびにこのイベントがトリガーされます。 表示ビジネスインテリジェンスページの
replays リプレイボタンがクリックされた回数。  
video_starts 広告ではない実際のビデオコンテンツの再生が開始された回数。プリロール広告が終わり、コンテンツの再生が始まって初めてトリガーされます。ユーザーが再生ボタンをクリックしてプリロール広告が始まり、コンテンツ再生開始前に視聴を終了した場合はこのイベントはトリガーされません。
Note: このメトリックの計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーのビデオ開始数が減少するかもしれません。
ビデオ開始ビジネスインテリジェンスページの
time_watched ユーザーが、選択されたビデオアセットの再生に費やした時間(HH:MM:SS形式)。1000時間以上の値のためにスマート形式を追加しました(たとえば、1234:56:57は1.2kに変換されます)。  
playthrough_25 選択されたビデオアセットで、再生の長さが収録時間の25%に達したコンテンツ再生の件数です。同じ視聴/再生セッション内であれば、ユーザーの巻き戻し再生の回数にかかわらず、いったん最後まで達すれば再度マークあるいはカウントされることはありません。たとえば、同一ビデオ内の視聴セッション(つまり、ユーザーがそのページの再読み込みやプレイヤーへのリロードをしていない状態)で、ユーザーが巻き戻しをしてコンテンツの25%を複数回視聴したとしても、プレイスルー25%は1回としかカウントされません。

ビデオオンデマンド(VOD)にのみ適用され、ライブストリームには適用されません。

 
playthrough_50 選択されたビデオアセットで、再生の長さが収録時間の50%に達したコンテンツ再生の件数です。同じ視聴/再生セッション内であれば、ユーザーの巻き戻し再生の回数にかかわらず、いったん最後まで達すれば再度マークあるいはカウントされることはありません。たとえば、同一ビデオ内の視聴セッション(つまり、ユーザーがそのページの再読み込みやプレイヤーへのリロードをしていない状態)で、ユーザーが巻き戻しをしてコンテンツの50%を複数回視聴したとしても、プレイスルー50%は1回としかカウントされません。

ビデオオンデマンド(VOD)にのみ適用され、ライブストリームには適用されません。

 
playthrough_75 選択されたビデオアセットで、再生の長さが収録時間の75%に達したコンテンツ再生の件数です。同じ視聴/再生セッション内であれば、ユーザーの巻き戻し再生の回数にかかわらず、いったん最後まで達すれば再度マークあるいはカウントされることはありません。たとえば、同一ビデオ内の視聴セッション(つまり、ユーザーがそのページの再読み込みやプレイヤーへのリロードをしていない状態)で、ユーザーが巻き戻しをしてコンテンツの75%を複数回視聴したとしても、プレイスルー75%は1回としかカウントされません。

ビデオオンデマンド(VOD)にのみ適用され、ライブストリームには適用されません。

 
playthrough_100 選択されたビデオアセットで、再生の長さが収録時間の100%に達したコンテンツ再生の件数です。同じ視聴/再生セッション内であれば、ユーザーの巻き戻し再生の回数にかかわらず、いったん最後まで達すれば再度マークあるいはカウントされることはありません。たとえば、同一ビデオ内の視聴セッション(つまり、ユーザーがそのページの再読み込みやプレイヤーへのリロードをしていない状態)で、ユーザーが巻き戻しをしてコンテンツの100%を複数回視聴したとしても、プレイスルー100%は1回としかカウントされません。

ビデオオンデマンド(VOD)にのみ適用され、ライブストリームには適用されません。

 
avg_time_watched_per_video 平均ビデオ視聴時間は、sum(time watched)/video_startsで計算され、HH:MM:SS 形式に変換されます。
Note: ビデオ開始の計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、 avg_time_watched_per_videoが増加するかもしれません。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
 
play_conversion_rate 表示イベント数に対する再生数の比率です。
Note: 再生の計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーのplay_conversion_rateメトリックが増加するかもしれません。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
 
video_conversion_rate 再生イベント数に対するビデオ開始イベント数の比率です。
Note: ビデオ開始および再生数の計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーのビデオ開始数が変化するかもしれません。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
 
player_loads プレイヤーがそのページでコンテンツを読み込むたびにトリガーされます。player_loadsメトリックはプレイヤーpcodeに関連付けられています。  

その他のメトリックと関連レポート

メトリック名 意味 レポートタイプで使用
uniq_plays_requested 任意のコンテンツで(手動もしくは自動で)「再生」ボタンをトリガーしたユニークユーザー数(plays_requestedを参照してください)。

注記: uniq_plays_requestedはユニークユーザー数(uniq_users)の測定値です。

Note: このメトリックの計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーの再生数が増加するかもしれません。
パフォーマンス
uniq_displays 再生前に、ビデオをプレイヤーが読み込み、画面を表示させた(表示回数はアセット別に関連付けられます)ユニークユーザーの数。embedコードが変更されるたびに表示イベントがトリガーされます(displaysを参照してください)。 パフォーマンス
uniq_video_starts 広告ではない実際のビデオコンテンツを再生したユニークユーザー数(video_startsを参照してください)。
Note: このメトリックの計算を向上させました。この実装によって2014年11月11日以後に、HTML5やSDKプレイヤーのビデオ開始数が減少するかもしれません。
パフォーマンス
embeds_copied embedコードがコピーされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
digg "Digg"ボタンがクリックされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
emails_sent "share via email"ボタンがクリックされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
facebook Facebookの"Like"ボタンがクリックされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
twitter Twitter"tweet"ボタンがクリックされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
urls_copied "Copy URL"ボタンがクリックされた回数。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
segment_watched ビデオコンテンツの中で各セグメントが視聴された回数。1セグメントはビデオの長さの2.5%です。ユーザーが同じセグメントを巻き戻ししてN回見た場合、このセグメントのセグメント視聴回数はN回としてカウントされますので、ご注意ください。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス
percentage_watched ビデオが実際に視聴されたパーセント(コンテンツ全体で100%)を2.5%単位で測定します。同一ビデオセッション内でユーザーがセグメントを巻き戻して再視聴したとしても、このメトリックは増えません。
Note: このメトリックはurlディメンションで利用できません。urlクエリでこのメトリックを指定した場合、エラーメッセージが返されます。
パフォーマンス

この記事はお役にたちましたか?