HTTP応答コードとメッセージ

すべての応答の先頭には、次の形式のメッセージが含まれます。status messagecodeの可能な値を以下の表で説明しています。特に示されていない場合、これらのコードはOoyala IQ Reporting APIに関連しています。エラーの場合は、エラーキーと説明メッセージが応答に含まれます。
{
  “status”: “status message”,
  “statusCode”: code
  "errors" : "explanatory message"
}
例:
 {  
    “status”: “Invalid parameter”,
    “statusCode”: “400”,
    “errors”: [“filter has invalid syntax: invalid character . at position 4”]
}              
            
HTTP応答コード 通常の意味 詳細説明
200 成功 リクエストが正常に処理されました。
204 No Content 正常に受信されました。 Event Ping APIからの出力です。応答本文が出力されていません。
400 不正なリクエスト 不正なリクエストです。たとえば、必要なクエリ文字列パラメーターが含まれていません。
401 認証不可 認証情報(Ooyalaが発行したAPIキーとシークレット)がないか、それらの値が無効です。
403 権限不足 リクエストの認証情報には、リクエストされたデータに対する権限が足りません。
429 割り当て超過 リクエスト者に割り当てられたAPIコール数を超えています。割当数については、「APIレート制限」を参照してください。
500 システムエラー Ooyalaシステムの可能な値。
503 サービスを利用できません 一時的なサービス停止状態です。

この記事はお役にたちましたか?