広告ActionScript API

広告ActionScript APIは広告の開始、クリック、完了、スキップ等のイベントに応答するために使用することが出来ます。

広告イベント処理

下の表は広告と関連付けることが出来るActionScriptイベントについて説明します。

イベント コールバックへの第3引数のパラメータ 説明
adClicked

adClicked キャンセル可能。 パラメータ:(形式、ソース、タイプ) 例:video, doubleClick, adClicked

広告がクリックされました。イベントはVAST広告、Google AFV、DoubleClick、 YuMeについてのみ発動されます。
adCompleted

adCompleted キャンセル可能 パラメータ:(形式、ソース、タイプ) 例:video, doubleClick, adClicked

広告の再生が終了しました。
adStarted

adStarted キャンセル可能。 パラメータ:(形式、ソース、タイプ) 例:video, doubleClick, adClicked

広告の再生を開始しました。

関連情報

以下は広告とマネタイゼーションに関する一般情報が記載されたBacklotドキュメンテーションのリンク一覧です。

この記事はお役にたちましたか?