エラーJavaScript API

エラーJavaScript APIはエラーコードとエラーテキストの取得に使用できます。

エラープロパティ

次の表はすべてのJavaScript エラープロパティを示します。

関数 説明
getErrorCode

エラーコードが存在し、現在の状態がエラーなら、現在のエラーコードを返します。

形式:読み取り専用

タイプ:文字列

戻り値:エラーがローカライズしたエラーメッセージを戻します。

getErrorText

存在する場合には現在のエラーテキストを取得します。

形式: 読み取り専用

タイプ:文字列

戻り値:エラーのローカライズされたエラーメッセージ。

例:”このビデオはこのドメインでは許可されていません。管理者にご連絡ください。”

この記事はお役にたちましたか?