ユーザーポータルのデバイス管理API

OoyalaプレイヤーAPIの一部で、これらAPIは顧客アプリケーション、またはユーザーの セルフサービスポータル、およびフォームからコールされます。

Note: これらコールのエンドポイントはplayer.ooyala.comです。

登録失敗の理由を取得

このリクエストを使って、ライセンスリクエストに失敗した理由の説明を取得します。

デバイス登録はDRMクライアントのライセンス発行と結びついています。必須のデバイスIDを提供するのは DRMクライアントになります。残念ながら、ライセンスリクエストに 失敗すると、DRMクライアントがOoyala形式ではない特定のレスポンスを必要とするため、Ooyala固有の エラーレスポンスを返すことができません。

ですから、ライセンス/登録失敗に関する詳細情報の取得にはGETリクエストを使用します。
Note: 登録失敗で返された auth_token を 使用して、最終結果を取得しなければいけません。
[GET] player.ooyala.com/api/v1/device_management/auth_token/auth_token/last_result

レスポンス

{  
     "user_agent": “sample_user_agent”, 
     "result": “reason for registration or failure (see below)”,
     "registration_time": “time at which registration was attempted”
     "public_device_id" : "sample_device_id" 
}
          
  • 200のresult:成功、もしくは、登録失敗の理由に関する具体的なエラーメッセージ。考えられる結果には、以下があります。
    • 新しいデバイスを登録した
    • デバイスの登録アクションが取られなかった
    • デバイスの制限に達した
  • 404デバイス登録の最終結果が見つかりませんでした

視聴者の登録デバイスの一覧を取得

[GET] player.ooyala.com/api/v1/device_management/auth_token/auth_token/devices
            
            

レスポンス

視聴者が登録した各デバイスの次のフィールドを含むdevicesの配列。

{
   “device_limit” : “maximum number of devices allowed”,
   “next_delete_time” : “The time at which the device can be deleted (ISO 8601)”,
   “devices”:
         [
            {  "public_device_id": “sample_device_id”,
               "user_agent": ”sample_user_agent”,
               "registration_time": “time at which registered (ISO 8601)”,
               "nickname": “device_nickname”
            },
            .
            .
            . 
        ] 
}      

デバイスのニックネームを更新

[PUT] player.ooyala.com/api/v1/device_management/auth_token/auth_token/devices/public_device_id
{
     "nickname": "someNickname"
}

レスポンス

200 {"message":"OK"} - リクエストが成功しました。

404 {"message":"Device Not Found"} - デバイスが指定された public_device_idで見つからなかった際に返されます。

403 {"message":"Invalid Token"} - auth_tokenが無効な場合に返されます。

デバイスの削除

これは、プロバイダーの削除上限と比べて確認します。

[DELETE] player.ooyala.com/api/v1/device_management/auth_token/auth_token/devices/public_device_id

レスポンス

200 {"message":"OK"} - リクエストが成功しました。

404 {"message":"Device Not Found"} - デバイスが指定された public_device_idで見つからなかった際に返されます。

403 {"message":"Invalid Token"} - auth_tokenが無効な場合に返されます。

429 {"message":"Delete Limit Reached"} - 最近の試みが理由で削除が許可されなかった場合に返されます。

この記事はお役にたちましたか?