属性更新API

属性APIにはアセットとチャンネルの更新能力が含まれています。

属性APIにはアセットとチャンネルの更新能力が含まれています。Title、Description、Status、Hosted At URLなどの特定要素のプログラム制御を可能にします。更新リクエストは成功した場合は"OK"を含むプレーンテキスト文書、問題が発生した場合にはエラーテキストを返します。クエリーAPIの例では、属性APIとのやり取りが、http://api.ooyala.com/partner/editへの署名付きREST形式のGETリクエストを通じて行われます。

必須パラメータ:

  • pcode – アカウント識別子
  • expires – エポック(00:00:00 1/1/1970 GMT)からの秒単位のクエリー有効期限
  • embedCode – コンテンツ識別子
  • signature – リクエストのデジタル署名。署名はSHA-256署名発行ルールを使用して算出されます。

任意のパラメータ:

  • title – ビデオまたはチャンネルのタイトル
  • description – ビデオまたはチャンネルの説明
  • flightEnd – この時間以降、ビデオまたはチャンネルは利用出来ません。時間はISO_8601形式で指定します。[YYYY]-[MM]-[DD]T[HH]:[MM]:[SS]Z
  • flightStart – この時間以降、ビデオまたはチャンネルは利用可能になります。 時間はISO_8601形式で指定します。[YYYY]-[MM]-[DD]T[HH]:[MM]:[SS]Z
  • status – ビデオまたはチャンネルの状態オプションはlive, paused,またはdeletedです。PausedはBacklotアカウントにビデオを残しますが、視聴者がアクセス出来ないようにします。DeletedはビデオをBacklotアカウントから削除し、視聴者がアクセス出来ないようします。
  • hostedAt – プレイヤーのInfoパネルとRSSフィードで使用されているビデオまたはチャンネルが埋め込まれたメインページのURL。
  • remoteAssetURL – リモートアセットのURL備考:新しいアセットの長さが違っていると、エンゲージメントレポート(分析)で正しく表示されないことがあります。
  • remoteAssetDuration – リモートアセットの長さ備考:新しいアセットの長さが違っていると、エンゲージメントレポート(分析)で正しく表示されないことがあります。

更新例

タイトル更新と一時停止
http://api.ooyala.com/partner/edit?pcode=<pcode>&embedCode=<embedCode>&expires=<expiration>
&status=paused&title=updated%20title&signature=<signature>
Hosted Atの更新
http://api.ooyala.com/partner/edit?pcode=<pcode>&embedCode=<embedCode>&expires=<expiration>
&hostedAt=http%3A%2F%2Fwww.ooyala.com%2Fbacklot&signature=<signature>

この記事はお役にたちましたか?