Akamaiセキュアトークン

この認証方法を使用するにあたり、追加でプログラムを作成する必要はありません。

AkamaiセキュアトークンはAkamaiがホストするビデオおよびオーディオコンテンツに対する基本的な保護 ソリューションになります。Akamaiトークンは基本レベルの保護の提供、および認証されたアカウントからコンテンツ(ビデオおよび オーディオ)を再生できるようにします。トークン内のポリシー情報によりどのようなアカウントチェックを 実行するのかを決定します。認証システムは次の要因の1つに基づいて ビデオまたはオーディオコンテンツの再生を許可または拒否します。

  • 有効なトークンの有無
  • 視聴者のIPアドレス
  • ビデオのソースURL
  • トークンの有効期限

Ooyalaから一時的なトークンが生成され、Akamaiに送信後ストリーミングのアセットを解除します。 ここまでの処理はすべてOoyalaが行うため、特に追加のプログラムを必要としません。

以下に、Akamaiセキュアトークンの認証の仕組みを説明します。
  1. Akamaiトークン認証のプロセスは、視聴者がウェブサイトにアクセスし、Ooyalaプレイヤーのアセットの再生ボタンをクリックした瞬間から始まります。
  2. プレイヤーからOoyalaサーバーへとトークンリクエストが送信されます。
  3. Ooyalaサーバーで、プロバイダーがOoyalaを通じたAkamaiアカウントの設定があるかどうかを確認します。
  4. アカウントが設定されており、かつ有効な場合、Akamai認証トークンをストリーム接続に追加し、プレイヤーに返されます。 これで視聴者はビデオまたはオーディオファイルが再生可能になります。
  5. Akamaiトークンが返ってこない場合、視聴者は再生権限がないという エラーメッセージを受け取ります。

トークンの有効期限

生成されたトークンの有効期限は90秒です (30秒 + 想定される60秒のクロックスキュー)この時間は標準的なAkamai推奨値です。

システム要件

Ooyalaプレイヤーは、Flashベースのプレイヤーを含むOoyalaプレイヤー対応ブラウザーにて Akamaiトークンをサポートします (Akamaiトークンの認証システムはFlashのActionScriptで 処理されます)。

この記事はお役にたちましたか?