表示、再生、再生開始

Ooyalaプレイヤーの使用状況は、表示イベント、再生イベント、再生開始イベントに 細分化されます。

Ooyalaアナリティクスに記録をするために、Ooyalaプレイヤーはビデオ再生イベントを、 表示、再生、再生開始の3つのサブイベントに分類化します。これらデータはOoyalaプレイヤーの、以下に説明するそれぞれの イベントから収集します。Backlot UIからのアナリティクスレポートでは、これらイベントが再生メニューから選択できます。

再生 = 再生イベント

初回再生 = 再生開始イベント

プレイヤーの読み込み = 表示イベント

表示イベント、または「プレイヤー読み込み完了」

Ooyalaプレイヤーが読み込まれるたびに、表示イベントが記録されます。 プレイヤーメッセージバスイベントに記載されている、Ooyalaプレイヤーイベントの CONTENT_TREE_FETCHEDによってトリガされます。

プレイヤーの読み込みは必ずしもビデオの再生を意味するわけではなく、あくまでもプレイヤーが読み込まれたという 事実に他なりません。表示イベントが生成されたものの再生されることがない状況には以下のようなパターンが 考えられます。

  • ビデオの自動再生が設定されておらず、視聴者が「再生」をクリックしない。

  • 自動再生は有効になっているが、実際にプレイヤーが再生を開始するまでに視聴者が別のページに移動した。

同様に、一度の表示イベント (またはプレイヤーの読み込み)が結果として、複数のビデオ再生に繋がることもあります。 たとえば、同じプレイヤーのインスタンス内でプレイリストに登録されている複数のビデオが連続的に再生された場合、がこれにあたります。

再生イベント

読み込まれたプレイヤー (表示イベント)にてプリロール広告またはビデオの最初のフレームが再生されると、 「再生」イベントが記録されます。 プレイヤーメッセージバスイベントに記載されている、Ooyalaプレイヤーイベントの WILL_PLAY_FROM_BEGINNINGによってトリガされます。

プリロール広告と実際のビデオアセットとの区別はしません。どちらの再生も 「再生」と見なします。

再生開始イベント

ビデオアセットの再生が始まると、「再生開始」イベントが生成されます。 プレイヤーメッセージバスイベントに記載されている、Ooyalaプレイヤーイベントの PLAYHEAD_TIME_CHANGEDによってトリガされます。

プリロール広告またはアセット自体の再生どちらでも生成される「再生」イベントと、「再生開始」または「ビデオ開始」は区別されます。 ですから、「再生開始」イベントは「再生」イベントのサブセットになります。

この例では、自動再生が設定されているプレイヤーで4つのビデオが連続して、 中断することなく再生されます。プリロース広告がない、または視聴者がプリロール広告をすべて見て、 ビデオの再生が始まることを前提とします。
Figure 1. 4つの連続したビデオを自動再生
以下の例が最初の例と大きく異なる点は、3つ目のビデオの再生開始前のプリロール広告中に視聴者が別のページに 移動してしまったことです。この例の3つ目のビデオでは、 「再生開始」イベントは記録されず、「再生」イベントのみとなります。つまり「再生開始」イベントが記録される前の広告再生時に視聴者が 再生を放棄したためです。
Figure 2. プリロール広告付き自動再生プレイヤー、視聴者は連続する3つ目のビデオ前のプリロール広告で 視聴を放棄

この記事はお役にたちましたか?