共通メトリック定義と例

共通メトリックの内訳

こちらがOoyala IQで使用されている一部の共通メトリックの説明です。すべてが記載されているわけではありません。

表示数:再生前に、ビデオコンテンツがプレイヤーに読み込みまれ、ビデオ画面が表示された回数が測定されます。表示数は個別のビデオに関連しています。embedコードが変更されるたびにこのイベントがトリガーされます。

再生数:手動もしくは自動で「再生」ボタンがトリガーされた回数が測定されます。リクエスト対象のコンテンツは、広告コンテンツの場合もビデオコンテンツの場合もあります。再生リクエスト数はリクエスト対象のコンテンツタイプに関係なくカウントされます。現時点では、再生数にはリプレイイベントは含まれていません。

ビデオ開始:広告ではないビデオコンテンツの再生が開始された回数が測定されます。ユーザーが再生を開始し、ビデオコンテンツを見ずにプリロール広告だけを見た場合、再生数としてはカウントされますが、開始数にはカウントされません。ビデオ開始数は、ユーザーがコンテンツ再生開始まで至った場合のみ記録されます。

ビデオあたりの平均視聴時間:そのコンテンツを視聴している全プラットフォーム、全ユーザーの平均視聴時間です。現時点での計算は、視聴時間÷ビデオ開始数をHH:MM:SS形式に変換したものを(ビデオあたりの)平均視聴時間としています。

注記:この数値はほとんどの場合ビデオの視聴期間より小さくなります。ただし、この数字はプレイヤー内でのシーク(再生位置移動)にも影響されます。ユーザーが再生中に巻き戻しや早送りでシークを行った場合、視聴時間がその分加算され、これによってビデオの視聴期間よりも平均視聴時間が長くなる可能性があります。

プレイスルー
  • プレイスルー25%:選択されたビデオアセットで、収録時間の25%に達した再生の件数です。
  • プレイスルー50%:選択されたビデオアセットで、収録時間の50%に達した再生の件数です。
  • プレイスルー75%:選択されたビデオアセットで、収録時間の75%に達した再生の件数です。
  • プレイスルー100%:選択されたビデオアセットで、収録時間の100%に達した再生の件数です。

注記:1回の視聴セッション内であれば、ユーザーが何度巻き戻し再生をしてもいったん規定の「再生尺」に達すれば再度カウントされることはありません。

セグメント視聴回数:ビデオコンテンツの中で各セグメントが視聴された回数。1セグメントはビデオの長さの2.5%とする。

注記:ユーザーが同じセグメントを巻き戻ししてN回見た場合、このセグメントのセグメント視聴回数はN回としてカウントされます。

ユニークユーザー数:
  • iOS用のOoyalaモバイルSDL:IOS用のOoyalaモバイルSDKはアプリケーション固有の無作為かつ固有のIDを生成して、保存します。ユニークIDが"OOClientID"クラスに生成され、"standardUserDefaults"オブジェクトに保存されます。ユニークIDはアプリケーションが削除されるまで有効です。このユニークIDは、アプリを削除することなくエンドユーザーによって削除されたりリセットされたりすることはありません。アプリケーション開発者は、既存のID[OOClientID resetID]を削除して新しいID[OOClientID setID:New_ID]を設定することで、生成されたIDとは異なるIDを保存できます。
  • Android用のOoyalaモバイルSDL:Android用のOoyalaモバイルSDKはアプリケーション固有の無作為かつ固有のIDを生成して、保存します。ユニークIDが"OOClientID"クラスに生成され、"SharedPreferences"ファイルに保存されます。ユニークIDはアプリケーションが削除されるまで有効です。このユニークIDは、アプリを削除することなくエンドユーザーによって削除されたりリセットされたりすることはありません。アプリケーション開発者は、既存のID[ClientID.resetID(context)]を削除して新しいID[ClientID.resetID(NEW_ID)]を設定することで、異なるIDを保存できます。
  • その他の環境(HTML5、Flash、Chromecast):その他の環境では、ユニークユーザーはローカルストレージまたはCookieで識別されます。GUIDを生成するために、FlashプレイヤーはいつGUIDが生成され、ランダムなデータが付加されたかのタイムスタンプを使用します。そしてこの文字列はbase64に変換されます。GUIDを生成するために、HTML5プレイヤーは現在の時間、ブラウザ情報、および任意のデータを使用して結合し、base64に変換します。デスクトップの同じブラウザ内で、GUIDがひとたび1つのプラットフォームで設定されると、そのユーザーの両方のプラットフォームで使用されます。ユーザーがブラウザのキャッシュを削除すると、そのユーザーやデバイスのIDは、次にビデオを視聴したときに再生成されます。シークレットモードは、シングルセッションの間、ユーザーを追跡しますが、ブラウザが閉じられるとGUIDは消去されます。

生成されたIDは完全に無作為であり、ユーザーを特定する情報は含まれません。必要な情報がない(ローカルストレージやCookieが使えない)場合、当該ユーザー用に独自の識別子が新規に生成されます。ユニーク視聴者数を計算する際は重複分を排除します。たとえば、ある日にユーザーA、B、Cが記録され、別の日にユーザーB、Eが記録された場合、その両日を日付範囲指定に入れた場合、総ユニークユーザー数は4(A、B、C、E)となり、1日あたりの平均ユニークユーザー数は(3+2)÷2=3(2.5を四捨五入した整数)となります。

以下の例は、Ooyala IQがさまざまな状況で記録する表示数、再生数、およびビデオ開始数を示しています。

例1:プリロール広告

発行者がコンテンツ内にプリロール広告を挿入しています。

ユーザーAがプリロール広告2本を含むビデオXの視聴を開始し、広告1本目で再生を終了。ユーザーBが同じビデオX(プリロール広告2本入り)の視聴を開始し、広告2本とコンテンツ1分視聴後に再生を終了。
表 1. 例1のトリック集計値
  表示 再生 ビデオ開始 平均視聴時間/ビデオ
ユーザーA 1 1 0 00:00:00
ユーザーB 1 1 1 00:01:00
ビデオX合計(ユーザーA+ユーザーB) 2 2 1 00:01:00

例2:リプレイ

1回の再生中に、ユーザーは再度コンテンツを再生するためにリプレイをクリックします。

ユーザーAがビデオXの1つのプリロール広告を見終え、コンテンツを最後まで視聴後、リプレイをクリックして再度最後まで視聴。一方、ユーザーBは2回目のリプレイで広告を見て視聴を終了。
表 2. 例2のメトリック集計値
  表示 再生 ビデオ開始
ユーザーA 1 1 1
ユーザーB 1 1 1

例3:ミッドロール広告

発行者がさらにコンテンツ内にミッドロール広告も配信しています。

ユーザーAがプリロール広告2本のビデオXの視聴を開始し、広告を見た後コンテンツの視聴を開始。ミッドロール広告があるのがわかり、視聴を終了。ユーザーBがプリロール広告2本のビデオXの視聴を開始し、広告を見た後コンテンツの視聴を開始。ミッドロール広告も見て最後までコンテンツを視聴。
表 3. 例3のメトリック集計値
  表示 再生 ビデオ開始
ユーザーA 1 1 1
ユーザーB 1 1 1
ビデオX合計(ユーザーA+ユーザーB) 2 2 2

例4:シーク

プレイヤーを使った1回の視聴中、ユーザーがコンテンツ内で巻き戻しや早送りでシークをかけることもあります。

ユーザーAがプリロール広告2本のビデオXの視聴を開始し、広告を2本とも見た後コンテンツの視聴を開始。ミッドロール広告も見た後も視聴を継続し、それからシークで最初に戻って再度コンテンツを再生。再度ミッドロール広告が再生される。この場合、表示回数は1回、再生数も1回、開始数も1回となります。
表 4. 例4のメトリック集計値
  表示 再生 ビデオ開始
ユーザーA 1 1 1

例5:自動再生

発行者がプレイヤーに自動再生を設定。つまり、当該プレイヤーがプラグインされたページをユーザーが閲覧すると、プレイヤーがコンテンツの自動再生を開始します。

ユーザーAがプリロール広告1本を含む当該ページ(自動再生設定済み)を閲覧し、広告視聴後コンテンツ開始前に当該ページから離脱。ユーザーBがプリロール広告1本を含む当該ページ(自動再生設定済み)を閲覧し、コンテンツを半分見た後に当該ページから離脱。
表 5. 例5のメトリック集計値
  表示 再生 ビデオ開始
ユーザーA 1 1 0
ユーザーB 1 1 1
ビデオX合計(ユーザーA+ユーザーB) 2 2 1

例6:プレイスルー

この例ではプレイスルーのカウントの仕方を説明しています。この例のビデオの長さは4分です。

ユーザーAがビデオの開始部分から2分30秒まで見て視聴を終了。

ユーザーBがビデオの開始部分から3分30秒まで見て開始部分まで巻き戻し、そこから1分30秒まで見て視聴を終了。

ユーザーCがダイレクトに頭から2分の部分をシークし、そこから2分30秒部分まで見て視聴を終了。
表 6. 例6のメトリック集計値
  プレイスルー25%: プレイスルー50%: プレイスルー75%: プレイスルー100%:
ユーザーA 1 1 0 0
ユーザーB 1 1 1 0
ユーザーC 1 1 0 0

例7:セグメント視聴回数と視聴パーセント

この例ではビデオの長さは20分です。ビデオ内にはバケットが40設けられ、各バケットの長さは30秒です。視聴パーセントは、(視聴バケット数÷総バケット数)×100で計算します。

ユーザーAがビデオを再生し、1分間視聴。

ユーザーBがビデオを再生し1分間視聴後、40秒部分まで巻き戻しし、その再生セッション内で再度(プレイヤーへのリロードなしで)1分間視聴。

ユーザーCがビデオを再生し、1分間視聴後3分部分まで早送りし、その部分から最後までビデオを視聴。
表 7. 例7のメトリック集計値
  視聴済みのセグメント 視聴パーセント
ユーザーA

最初のバケットの再生回数が1回

2個目のバケットの再生回数が1回

5%
ユーザーB

最初のバケットの再生回数が1回

2個目のバケットの再生回数が2回

5%
ユーザーC

最初のバケットの再生回数が1回

2個目のバケットの再生回数が1回

40個目のバケットの再生回数が1回

7.5%

ユーザーBのケースでは、2個目のバケット内で巻き戻しがあったため、2個目のバケットの再生回数が2回となります。これは、当該セグメントの人気度の測定(それが同一ユーザーの巻き戻しによるものか別ユーザーの視聴よるものかにかかわらず)の目的で、セグメント視聴回数として個別セグメントに起因する視聴回数の合計数が取り込まれるためです。このため、1回のビデオ視聴におけるセグメント視聴回数はユーザーの巻き戻しによって増えることになります。一方、ユーザーBの視聴パーセントについては、2個のバケットしか視聴していません(バケット1個目と2個目)ので、5%のままとなります。視聴パーセントはそのビデオコンテンツ全体に対する視聴割合をパーセントで測定したものです(同一視聴セッション内で視聴済みのバケット内であれば、同一ユーザーがそこで巻き戻しをしてもカウントは増えません)。

視聴パーセントはそのビデオコンテンツ全体に対する視聴割合をパーセントで測定したものです(冒頭部分から40%までを視聴した場合も、最初の20%と最後の20%を視聴した場合も同じく40%視聴となります)。

例8:ユニークユーザー数

ユニークユーザーのカウント方法を示します。「myExampleSite.com」というウェブサイトにビデオがあるとします。

ケースA:ユーザーWがアプリ1を使ってiPhone上でビデオを視聴します。その後同じ日にアプリ1を使ってiPhone上で同じビデオを再視聴します。

ケースB:ユーザーXがノートPCでそのサイトのビデオを視聴します。ユーザーはブラウザを閉じ、何か別のことをします。12時間後にユーザーは再びノートPCを開き、同じビデオを再視聴します。

ケースB:ユーザーYがそのサイトのビデオをタブレットで視聴します。その後、同じビデオをタブレットと同一のWiFiネットワーク経由でノートPCから視聴します。

ケースD:ユーザーZがそのサイトのビデオをノートPCのブラウザ1上で視聴します。視聴完了後、Cookieを削除します。その後、再度ノートPCのブラウザ1上で同じビデオを視聴します。

表 8. 例8のメトリック集計値
  ユニークユーザー数
ケースA 1
ケースB 1
ケースC 2
ケースD 2

この記事はお役にたちましたか?