Rights Locker

Rights Lockerは、デジタルアセットへの権限付与を定義および管理するための アプリケーションプログラミングインターフェース (API)です。全体として、Rights Lockerは3つのAPIセットおよび、 Ooyalaサービスから構成されます。

Rights Lockerには3つの使用法があります。

  1. Backlot APIメソッド (Backlot API リファレンスに記載)で、アセット(ビデオ)、ラベル、 発行ルールを作成します。(Backlot UIも使用可能)
  2. ここに説明されているRights Locker APIで、定義済みアセット、ラベル、発行ルールを組み合わせ、 それぞれのユーザーに対して権限作成および権限のグループ化を行います。
  3. プレイヤーにて再生時に権限の認証を行い、 必要に応じてデジタル著作権管理(DRM)システムに対してライセンスまたはその他認証情報を発行します。ほとんどの場合、 認証作業は特にプログラミングを行う必要はなく、自然に実施されます。

この記事はお役にたちましたか?