コンテンツ保護テクノロジーの調査

現在、利用可能なコンテンツ保護の種類は3つのグループに分類できます。

コンテンツ保護は、コンテンツの価値および保護レベルという2つの軸に沿って考えることができます。

ですから、保護を強化する上で、Ooyalaで利用可能なコンテンツ保護テクノロジーは以下の通りです。

  1. 保護されたストリーム
  2. トークンをベースとした認証を含む再生認証。
  3. デジタル著作権管理(DRM)システム

保護されたストリーム

視聴者に送信されるデータのストリームを保護するテクノロジーは複数存在します。

一般的なストリーミングプロトコルには暗号化やその他保護機能が組み込まれています。詳細は、 保護されたストリームをご覧ください。これら 保護機能を実装するにあたり、することはありません。Ooyalaはこの保護機能を 提供しています。

同時ストリーム数を制限するのも、1つのストリームレベルの保護方法になります。詳細は、 contentprotection_types_streams.html#concurrentstreamlimitsをご覧ください。

再生認証

再生認証 (さまざまなテクノロジーの総称になります) は保護されたストリームの上に 追加するセキュリティレイヤーと言えます。これらテクノロジーには以下のようなものがあります。

  1. トークンベースの認証。RTMPEで必要になり、クライアントが認証を 済ませるまで暗号化コンテンツのダウンロードができず、非Ooyalaプレイヤーで再生できないようにします。トークンベースシステムには複数の種類があります。
  2. 視聴地域、インターネットのドメインなどにより再生を制限する 発行ルールOoyalaの発行ルールに関する詳細は、 発行ルールをご覧ください。
  3. Widevineなどの公開システム。詳しくは、Widevineコンテンツの保護をご覧ください。
  4. Adobe Pass.詳しくは、Adobe PassとOoyalaプレイヤーの統合をご覧ください。

デジタル著作権管理(DRM)システム

市場には多くのDRMシステムが出回っていますが、一般的に、

  • 最高レベルの保護機能を提供
  • 洗練された耐タンパー性を含む
  • 高度な技術を持つハッカーが独自ツールを使ってのみ規制を回避できる

その他オプションに関する詳細は、以下をご覧ください。 デジタル著作権管理(DRM)システム

この記事はお役にたちましたか?