トークンベースの認証および制限を含む再生認証

トークンベースの認証を含む再生認可は、保護されたストリーミングの上に 追加するセキュリティレイヤーです。このカテゴリーは幅広く、さまざまな異なるテクノロジーを 内包します。

トークンベースの認証

RTMPEで必要なトークンベースの認証は、クライアントが認証を 済ませるまで暗号化コンテンツのダウンロードができず、非Ooyalaプレイヤーで再生できないようにします。トークンベース認証には複数の種類があります。

Ooyala再生トークン

一般的にはユーザーの認証を行うOoyala再生トークンはOoyalaの多くのコンテンツ保護機能の土台となります。OoyalaからiOSおよびAndroid SDKでの統合方法を含む詳細は、 Ooyalaプレイヤートークンをご覧ください。

CDNトークン

通常「CDNトークン」と呼ばれるものの目的は、 コンテンツ公開ネットワーク (CDN)上のコンテンツの保護です。

Akamaiトークンベース認証が一つの例です。詳細は、Akamaiセキュアトークンをご覧ください。

視聴地域、ドメイン、その他制限のための発行ルール

別の種類の再生認証としては、コンテンツ自体にどこから、またはいつ、どんなインターネットドメインからの アクセスを許可するかといった制限を設定するものがあります。Ooyalaの発行ルールは この手の再生認証を提供します。詳しくは、発行ルールをご覧ください。

Widevine

混成コンテンツ保護システムで、Widevineには再生認証とその他機能が含まれます。

OoyalaにWidevineを統合する場合、Ooyalaカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。Widevine統合に関する詳細は、Widevineコンテンツの保護をご覧ください。

Adobe Pass

Adobe Passは再生認証に分類されるものであり、デジタル著作権管理(DRM)ではありません。 Adobe Passの統合に関する詳細は、以下をご覧ください。 Adobe PassとOoyalaプレイヤーの統合

この記事はお役にたちましたか?