保護されたストリーム

視聴者に送信されるデータのストリームを保護するテクノロジーは複数存在します。

テクノロジー 説明 コメント
RTMPE RTMPE (Real Time Messaging Protocol, encrypted)は セキュアソケットレイヤー (SSL)を用いてコンテンツをリアルタイムで暗号化して、Flashデバイスに公開します。  
暗号化されたHTTP Live Streaming (HLS) iOS (Apple製携帯用オペレーティングシステム)およびHTML5ベースのデバイス上のコンテンツを保護するために、OoyalaではHTTP Live Streaming (HLS) コンテンツ保護を使用します。コンテンツはトランスコードされ、各ストリームの各セグメントは、無作為に生成されたコンテンツ暗号化キーでAES-128暗号化が施されます。  
暗号化されたHTTP Dynamic Streaming (HDS) Adobeが開発したHTTPストリーミングは、現在RTMP/Eを使用しているお客様が、HTTPのキャッシュ機能の特典を享受したいというニーズに基づいた正統進化になります。 まだ対応していません

これら保護機能を実装するにあたり、お客様側で特別な設定は必要ございません。Ooyalaは、対象とするデバイスの種類に応じて、これら保護機能を提供します。

同時ストリーム数の制限

ストリームに関連した別の保護法としては、視聴者に対する同時ストリーム数を制限する方法があり、 盗難を防ぐと共に収益を確保します。
注: Oyalaプロバイダーアカウントに同時ストリーム数制限を設定する必要がある場合、 Ooyalaカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

同時ストリーム数制限に関する詳細は、 同時ストリーム数制限の視聴者への適用をご覧ください。

この記事はお役にたちましたか?