必要な保護レベルを測定する

必要とされる保護の程度はコンテンツの性質によって変わります。

インターネットには非常に幅広い種類のコンテンツが公開されています。スマートフォンで撮影した 極めて低予算なビデオからハリウッドの超大作まで。ここで少し考えてみたいことがあります。会社によって 他にも考慮するべき要素がある可能性はあります。

  1. コンテンツの価値は?
  2. 一時的なコンテンツなのか、長期的なコンテンツなのか?
  3. 会社の収益モデルは?コンテンツは収益化されていますか?そうだとして、どのように?広告を通じてですか、 それともペイパービュー、定期購読ですか?
    以下の表では、それぞれの収益モデルおよび増加する価値の順に関連付けられたコンテンツの種類を順位付けしています。コンテンツ保護の要件はコンテンツの価値の上昇に応じて増えていきます。
    収益モデル コンテンツの種類の例
    匿名の視聴者、広告収入 短めのコンテンツ、ビデオクリップ
    認証された視聴者、広告収入 長めのコンテンツ、ライブビデオ
    定期購読 高価値コンテンツ
    取引 (レンタルまたは電子販売) スタジオ品質のコンテンツ
  4. ハッカーによりコンテンツが盗まれる可能性はどの程度のものか?
  5. 攻撃者の巧妙さはどの程度のものか?
  6. コンテンツのユーザビリティおよびアクセスの容易さの重要度は?コンテンツへのアクセスが難しくなると 視聴者の数が減る恐れがあります。
  7. コンテンツ保護に対して、どれだけの費用を掛けてもいいと会社は考えていますか?

混在したソリューションが必要な場合もあります。高価値なコンテンツに対してはより費用を掛けた保護を施し、 あまり価値の高くないコンテンツにはあまり費用を掛けない保護を施します。

この記事はお役にたちましたか?