レイアウトのコントロール

DefaultControlsSourceディレクトリにはデフォルトのOoyalaプレイヤー用スキンが 含まれています。

このディレクトリにはデバイス上のビデオプレイヤーのレイアウトを制御するJava プログラムのソースが 含まれています。プレイヤーはデフォルトとインラインまたは全画面表示どちらも対応しています。また以下が含まれています。
  • OoyalaPlayerControls.java は、渡した名前のレイアウトを実際に実装するプログラムです。
  • OoyalaPlayerLayoutController.java は、大抵の状況で機能する一般的な LayoutControllerです (含まれるレイアウトの種類に関わらず)。基本的なコントロールを使用し、 新たなオーバーレイを追加することができます。全画面は、全画面のダイアログを開いて、動的に 作成したOoyalaPlayerLayoutをダイアログに描画します。これにより、 再生は一時的に中断されますが、続けてこの処理の中で再開されます。結果として、 ベースレイアウトがFrameLayoutで、使用しているLayoutControllerが FastOoyalaPlayerLayoutControllerというアクティビティのベースレイアウトにOoyalaPlayerLayoutが 直接埋め込まれている場合、全画面描画は遅くなります。
  • DefaultOoyalaPlayerFullscreenControls.java
  • DefaultOoyalaPlayerInlineControls.java
  • 推奨するOptimizedOoyalaPlayerLayoutController.javaは速い LayoutControllerですが、特別なケースでしか使えません。コントロールするOoyalaPlayerLayout が、FrameLayoutのアクティビティのベースレイアウトの直接のチャイルドである。この LayoutControllerは基本的なコントロールを使用し、新たなオーバーレイを追加することができます。 全画面描画は、OoyalaPlayerLayoutをリサイズして画面全体を埋めるようにしています。これに よってプレイヤーの再読込がトリガされることはないため、 OoyalaPlayerLayoutControllerに比べ相当速くなっています。
Note: デフォルト以外のレイアウトを使用する場合、プロジェクトのLinearLayout 要素を希望する名前を使用するように変更します。チュートリアル:モバイルSDKの開始の 最終ステップをご覧ください。

この記事はお役にたちましたか?