エラーの取り扱い

プレイヤーオブジェクトのエラー通知を監視しておく必要があります。

まずは次の宣言を行います。
.
.
.
 public static final String ERROR_NOTIFICATION = "error" ;  /** Fires when an error occurs */
.
.
.
    
エラー通知を受け取ると、エラーの種類を特定し、プレイヤーオブジェクトの errorプロパティを読み込みます。
  public String getError() {
    return _error;
  }     
    
説明コメントとともにエラーを次に記載します。
  public enum OoyalaErrorCode {
    /** Authorization Response invalid */
    ERROR_AUTHORIZATION_INVALID,
    /** Content Tree Response invalid */
    ERROR_CONTENT_TREE_INVALID,
    /** Authorization failed */
    ERROR_AUTHORIZATION_FAILED,
    /** The signature of the Authorization Response is invalid */
    ERROR_AUTHORIZATION_SIGNATURE_INVALID,
    /** Content Tree Next failed */
    ERROR_CONTENT_TREE_NEXT_FAILED,
    /** An Internal Android Error. Check the Throwable properties. */
    ERROR_INTERNAL_ANDROID,
    /** Playback failed */
    ERROR_PLAYBACK_FAILED,
    /** Authorization Heartbeat failed.  Check properties. */
    ERROR_AUTHORIZATION_HEARTBEAT_FAILED,
    /** Metadata fetch failed*/
    ERROR_METADATA_FETCH_FAILED,

  }; 
    

承認エラーコード

プレイヤーオブジェクトの現在のアイテム (player().currentItem().authCode())の authCodeを調べ、以下に示すエラーを特定します。
エラー コード
AUTHORIZED(承認済み) 0
UNAUTHORIZED_PARENT(未承認の親) 1
UNAUTHORIZED_DOMAIN(未承認のドメイン) 2
UNAUTHORIZED_LOCATION(未承認の場所) 3
BEFORE_FLIGHT_TIME(フライトタイム前) 4
AFTER_FLIGHT_TIME(フライトタイム後) 5
OUTSIDE_RECURRING_FLIGHT_TIMES(反復フライトタイム外) 6
BAD_EMBED_CODE(無効なembedコード) 7
INVALID_SIGNATURE(無効な署名) 8
MISSING_PARAMS(パラメータがありません) 9
MISSING_RULE_SET(ルールセットがありません) 10
UNAUTHORIZED(未承認) 11
MISSING_PCODE(pcodeがありません) 12
UNAUTHORIZED_DEVICE(未承認のデバイス) 13
INVALID_TOKEN(無効なトークン) 14
TOKEN_EXPIRED(期限切れトークン) 15
UNAUTHORIZED_MULTI_SYND_GROUP(未承認のマルチシンジケーショングループ) 16
PROVIDER_DELETED(削除されたプロバイダー) 17
TOO_MANY_ACTIVE_STREAMS(アクティブなストリームが多すぎます) 18
MISSING_ACCOUNT_ID(アカウントIDがありません) 19
NO_ENTITLEMENTS_FOUND(権限が見つかりません) 20
NON_ENTITLED_DEVICE(権限が付与されていないデバイス) 21
NON_REGISTERED_DEVICE(登録されていないデバイス) 22

この記事はお役にたちましたか?