チュートリアル:モバイルSDKの開始

まず、「初期」サンプルアプリケーションをを詳しく解説いたします。

このチュートリアルでは、以下が必要です。
  • Ooyala提供のプロバイダーコード (pcode)。pcodeを確認するには、Backlot UIにログインして、 アカウントタブ、開発者サブタブへ移動します。pcodeは左上にあります。
  • 再生するビデオのembedコード (コンテンツIDまたはアセットID)

SDKディストリビューションの SampleApps ディレクトリには、 GettingStartedSampleApp ディレクトリが含まれます。この基本アプリケーションはビデオプレイヤー作成のための 基本ステップを示しています。

Eclipse (またはお客様の開発環境)でソースファイルを開きます。
OoyalaSDK-Android/SampleApps/GettingStartedSampleApp/com/ooyala/android/sampleapp/GettingStartedSampleAppActivity.java

アプリケーションはこのような感じです。

package com.ooyala.android.sampleapp;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayer;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayout;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayoutController;

public class GettingStartedSampleAppActivity extends Activity {

  final String EMBED  = "yourEmbedCodeHere";  //Embed Code, or Content ID
  final String PCODE  = "yourPcodeHere";
  final String DOMAIN = "www.ooyala.com";

  /**
   * Called when the activity is first created.
   */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    OoyalaPlayerLayout playerLayout = (OoyalaPlayerLayout) findViewById(R.id.ooyalaPlayer);
    OoyalaPlayerLayoutController playerLayoutController = new OoyalaPlayerLayoutController(playerLayout, PCODE, DOMAIN);
    OoyalaPlayer player = playerLayoutController.getPlayer();
    if (player.setEmbedCode(EMBED)) {
      player.play();
    } else {
      Log.d(this.getClass().getName(), "Something Went Wrong!");
    }
  }
}
  
  1. 3つのインポートはOoyala SDKを使用するための標準インポートです。
    • import com.ooyala.android.OoyalaPlayer;
    • import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayoutさらに洗練された使い方としては、 このimportは使用するレイアウトコントローラーに依存します。レイアウト に関する詳細は、レイアウトのコントロールをご覧ください。
    • import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayoutController;
  2. サンプルアプリケーションは標準のAndroid Activity オブジェクトを拡張します。
  3. 次の定数をご覧ください。
      final String EMBED  = "yourEmbedCodeHere";  //Embed Code, or Content ID
      final String PCODE  = "yourPcodeHere";

    DOMAIN定数はwww.ooyala.comのまま変更しないでください。これは Backlotシンジケーションコントロール (発行ルール)と連動しています。Backlotのビデオにインターネットドメイン制限を設定している場合 (Backlot ユーザーガイド参照)、domain変数に次の許可されているドメインを設定することができます。シンジケーションコントロールを設定していない場合、こちらの DOMAIN定数は影響を及ぼしません。

  4. レイアウトをOoyalaPlayerLayoutに設定します。レイアウトに関する詳細は、レイアウトのコントロールをご覧ください。
  5. 新規OoyalaPlayerController オブジェクト ( playerLayoutControllerという名前で)を作成します。
  6. playerLayoutController.getPlayer() メソッドでプレイヤーオブジェクトのインスタンスを作成します。
  7. ifテストでplayer.setEmbedCode() 関数に再生するビデオの識別子 (EMBED)を与えてビデオを開始します。この 関数がSDKの「主力関数」となります。

    より洗練されたアプリケーションにするためには、 識別子を直接埋め込む代わりに、setEmbedCode()関数に 変数を渡すようにします。

この記事はお役にたちましたか?