onCreateプレイヤーオブジェクト、エラー処理

カスタマイズを追加するのに適した場所の1つに、onCreateセクションがあります。

以下のスニペットのコメントにあるように、プレイヤーV3 APIを用いたコードをonCreate(プレイヤー) セクションに追加するか、リスナー内に設定することができます。

プレイヤーのための埋め込みパラメータをここに追加することができます。詳しくは、プレイヤーのembedパラメータをご覧ください。

もう1つ、エラー処理のための簡略化したスニペットもこちらに示します。このスニペットは プレイヤーV3のメッセージバスを利用しており、詳細に関してはエラーおよびエラー処理をご覧ください。

 
.
.
.
function onCreate(player) {
  // Everything you do with the player should be done either in onCreate
  // or as listeners on the message bus
  // to ensure that the player is in the correct state.
  console.log("-- onCreate");
  player.mb.subscribe('*','myPage', function(eventName) {
    console.log("RECEIVED EVENT: "+eventName);

  // Player embedded parameters go here

  });

  // Preserve message bus
  window.mb = player.mb;

  // Error handling listener
  // Subscribe to error event
  mb.subscribe("error", "test-plugin", function(eventName, payload) {
    console.log(eventName+": "+payload);
  });
.
.
.

  

この記事はお役にたちましたか?