字幕およびローカライゼーション

字幕 (CC) APIは対応する字幕を取得/設定して、プレイヤーUIの言語をローカライズすることができます。

OoyalaプレイヤーV3は、VODおよびライブストリームに対して字幕をサポートしています。Ooyalaは、iOSおよびAndroid SDKでVODに対して、そしてFlashおよびiOSウェブに対して、 字幕をサポートしています。ライブストリームに対しては、Flashベースのデバイスに字幕がサポートされています。
注:
  • iOS ウェブ - iOSで字幕がサポートされている方法に関係して、リモートアセットのiOSウェブに 字幕データを追加することはできません。
  • ライブストリーミング - HTML5プレイヤーでのライブストリーミングに対しては、 ストリームで字幕データが利用可能であり、また元となるプラットフォームが字幕をサポートしている (iOSはサポートしている)場合、字幕が表示されます。プレイヤーが字幕表示が簡単になるようなサポートを 行うことはありません。ストリームにすでに字幕が存在する場合、プレイヤーが字幕の表示を妨げることは ありません。

字幕をライブストリームとうまく連動されるには、エンコーダーを通じてブロードキャストストリームを実行する 必要があります。ストリームを変換して、Adobe Flash onCuePointデータを追加します。onCuePointデータは Cisco 8100シリーズ メディアエンコーダーなど、多くのエンコーダーで挿入可能です。ソースの エンコーダーを設定して、CEA形式をキューポイント形式に変換し、字幕を追加し、うまく機能するようにする 必要があります。ライブストリームのキャプチャーおよびエンコーディングから プロセスを始めます。ライブストリームを変換して、ストリーム内にFlashキューポイントが含まれるようにします。ストリームはOoyalaプレイヤーに対して、RTMPストリーム (変更なし)または Akamai HD2ライブストリームとして渡されます。

JavaScript字幕APIは対応する字幕を取得し、字幕用言語を設定することができます。ライブストリーミングモードでは、字幕用言語はストリーム自体の言語を使用することに なります。字幕の機能は以下の通りです。

プレイヤーは、字幕およびUI ローカライズのために、数多くのLTRおよびRTL言語をサポート。トピック「対応字幕言語」にてこの一覧をご覧ください。

注: 字幕ファイルがアップロードされると(再生時ではなく)、Ooyalaは字幕の処理に厳格なXMLパーサーを使用します。少なくとも、字幕ファイルが お使いのブラウザのパーサーで問題が出ないようにはしておいてください。

カスタムOPFモジュール付きライブストリーム字幕

Ooyalaプレイヤーフレームワーク(OPF)モジュール(プレイヤーV3 Flashベース)を使用していて、プレイヤーV3に 追加したい、そしてライブストリームの字幕を入れたい場合、Ooyala字幕APIを使用する必要があります。OPFモジュールの作成に関する詳細は、営業、カスタマーサクセスマネージャー、またはテクニカルサポートまでお問い合わせください。

注: ライブストリーム用の字幕は、FlashベースのOPFモジュールでのみ機能します。プレイヤーV3で 利用できるカスタムモジュールはJavaScriptベースのモジュールで、VOD用の字幕のみサポートしています。
カスタムOPFモジュールでのライブストリームの再生中は、最初のキューポイントにて字幕情報を受け取ると、Ooyalaは OoyalaAPIConstants.CLOSED_CAPTIONS_TEXT_READYを実行します。サードパーティ製OPF UIモジュールの場合:
  1. ライブストリームの再生時にこのイベントが停止した場合、モジュールにて利用可能な言語を確認する 必要があります。
  2. この確認にはgetCurrentItemClosedCaptionsLanguages()を使用してください。
  3. ストリーム再生途中でライブストリームが利用可能な言語をさらに追加するようなことがあった場合も、Ooyalaは次を実行します。 CLOSED_CAPTIONS_TEXT_READY.
  4. VODの字幕を有効にするように、setClosedCaptionsLanguage()関数を 使用して、追加された字幕を有効にします。

ローカライゼーション

プレイヤーのユーザーインターフェース (UI)のデフォルトの言語はアメリカ英語です。

Ooyalaプレイヤーは字幕に対応する30の言語でローカライズが可能です。プレイヤーはブラウザで選択されている言語を検出し、同じ言語でテキストを表示する ユーザーインターフェースを設定します。プレイヤーのローカライズにおける注意事項をこちらに記載します。
  • プレイヤーに新しい言語を追加する場合、Ooyalaから実施します。

  • 言語設定はオーバーライド可能です。たとえば、ブラウザの言語をフランス語に設定している 場合でも、プレイヤーはヘブライ語に設定することができます。オーバーライドを行うには、プレイヤーの      DIVlocale 文字列を指定する必要があります。例:

    <!-- Player Placement -->
    <div id='playerwrapper'style='width:480px;height:360px;
        OO.Player.create(.....{ locale: 'he_IL' });>
          .
          .
          .
    

この記事はお役にたちましたか?