Ooyalaプレイヤートークンサンプル

再生を許可するためにトークンを取得します。

Ooyalaテンプレートを使って承認リクエストを作成したら、Javascriptコールバックを経由して作成した トークンリクエストURLをプレイヤーに渡す必要があります。次の例は この方法を説明しています。

例:再生を許可し、トークンを取得

次の例では、埋め込みプレイヤーが読み込まれると、トークンリクエストURLとプレイヤーの通信を イベントがトリガします。そして、プレイヤーがトークン リクエストを使用して、承認およびトークンをOoyala承認サーバーへとリクエストします。 再生の正当性の判断結果によって、有効なcookieおよび承認レスポンス、 または無効なcookieおよび未承認レスポンスのどちらかが返ります。

次の例で説明されているように、“player embedded”イベントがトークンリクエストをプレイヤー自体へ 渡すようトリガします。コールバックおよびこのイベントの受信に伴って、 プレイヤーにモジュールパラメータが送られます(embedTokenフィールドの付いた承諾関連配列)。フィールドの値はトークンリクエストURLであり、この後プレイヤーが、このユーザーに 対して再生を許可するのが適切か(および有効なトークンオブジェクトが適切か)を検証する目的で 使用します。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
 <meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=utf-8">
 <title>PlayerV3 Demo</title>
 <meta name="viewport" content="width=device-width" />
 <script src='http://player.ooyala.com/v3/9d92b0c086f74fd1a8ab03ab779e2369
 ?platform=flash-priority&debug=true'></script>
</head>

<body>
<div id="playerV3Container" style="background:black;width:640px;
height:480px;"></div><br/>

<script type="text/javascript" charset="utf-8">
OO.ready(function() {
  window.pp = OO.Player.create('playerV3Container',    
  "1ybDc5NjrqplghUPmO3WR2I61R92vgpo", {
  embedToken :

'http://player.ooyala.com/sas/embed_token/0wcnI6LKT5GqU9sQ9MkK5kuhzAAS/1ybDc5NjrqplghUPmO3WR2I61R92vgpo
?api_key=0wcnI6LKT5GqU9sQ9MkK5kuhzAAS.aKvTv&expires=2350610514
&signature=bnOGfXRayEnGqYOIGqTrwP3cWCPqtJY7cnlLLJJpHhY'
  });
});

</script>

</body>
</html>

この記事はお役にたちましたか?