Ooyala iOSおよびAndroid SDKでOoyalaプレイヤートークンを使用する

Ooyala iOSおよびAndroid SDKでユーザー認証にOoyalaプレイヤートークンを使用することができます。

iOSまたはAndroid SDKの実装とともにOoyalaプレイヤートークンを使用することは、ほんの少しの違いがあるだけで、基本的には標準的な実装と変わりはありません。
  1. EmbedTokenGeneratorを実装するクラスを作成します。iOSおよびAndroidに OOEmbedTokenGenerator を実装する方法に関しては、次のトピックをご覧ください。
  2. 作成したクラスから参照をプレイヤーコンストラクタへ渡します。
  3. 次の getTokenForEmbedCodes メソッドを追加:
    public void getTokenForEmbedCodes
    (List<String> embedCodes, EmbedTokenGeneratorCallback callback) 
  4. getTokenForEmbedCode メソッド内で、トークンがembed コードリストの有効なOoyalaプレイヤートークンである.setEmbedToken(token)コールバックを呼び出します。

iOS OOEmbedTokenGeneratorの実装

このデザインを使用するにあたり、2種類の有効期限の違いについてご理解ください。設定するもの:
  • UIViewController 実装 OOEmbedTokenGenerator:
    @interface ViewController : UIViewController <OOEmbedTokenGenerator>  
  • embedTokenGeneratorを取込むメソッドオーバーロードを呼び出します。
    ooyalaPlayerViewController = [[OOOoyalaPlayerViewController alloc]
      initWithAPIKey:APIKEY secret:SECRETKEY pcode:PCODE domain:PLAYERDOMAIN
      embedTokenGenerator:self]; 
  • 次のように tokenForEmbedCodes を実装します。
    (void)tokenForEmbedCodes:(NSArray *)embedCodes callback:(OOEmbedTokenCallback)callback
      { callback(@"helloworld"); } 

Android用EmbedTokenGeneratorの実装

Android SDKとともにOoyalaプレイヤートークンを使用するには、 EmbedTokenGeneratorを実装する必要があります。実装方法は以下のステップで説明しています。
  1. EmbedTokenGeneratorインターフェースを実装するコントローラーオブジェクトを作成します。
  2. 前のステップで作成したコントローラーを持つ、 OptimizedOoyalaPlayerLayoutControllerインスタンスを作成します。
  3. getPlayer().setEmbedcode()関数、そして getPlayer().play()を使用します。
  4. コントローラークラスで、EmbedTokenGeneratorインターフェースとともに getTokenForEmbedCodes メソッドを実装します。
  5. トークンがembedコードリストの有効なOoyalaプレイヤートークンである .setEmbedToken( token ) コールバックを追加します。

例:Android SDKアプリとOoyalaプレイヤートークンを使用する

次の例は、Ooyala Android SDKで作成したアプリとともにOoyalaプレイヤートークンを使う方法を説明しています。 サンプルコードは、EmbedTokenGenerator と必須の getTokenForEmbedCodes 関数を実装しています。 サンプルでは、実装 ('this'という名前 ) をplayerLayoutControllerに渡します。
package com.ooyala.android.sampleapp;

import java.util.List;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;

import com.ooyala.android.EmbedTokenGenerator;
import com.ooyala.android.EmbedTokenGeneratorCallback;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayer;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayout;
import com.ooyala.android.OoyalaPlayerLayoutController;

public class GettingStartedSampleAppActivity extends
Activity implements EmbedTokenGenerator {
 /** Called when the activity is first created. */
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
   super.onCreate(savedInstanceState);
   setContentView(R.layout.main);
   OoyalaPlayerLayout playerLayout = (OoyalaPlayerLayout) 
   findViewById(R.id.ooyalaPlayer);
   OoyalaPlayerLayoutController playerLayoutController 
   = new OoyalaPlayerLayoutController(playerLayout,
       "R2d3I6s06RyB712DN0_2GsQS-R-Y.nCFrd", 
       "UpmPCeDJspTKqLHO5IyZSRbsSiC7AM_rAqGztDRN",
       "R2d3I6s06RyB712DN0_2GsQS-R-Y", "www.ooyala.com", this);
   OoyalaPlayer player = playerLayoutController.getPlayer();
   if (player.setEmbedCode("lrZmRiMzrr8cP77PPW0W8AsjjhMJ1BBe")) {
     // The Embed Code works
     player.play();
   } else {
     Log.d(this.getClass().getName(), "Something Went Wrong!");
   }
 }

 @Override
 public void getTokenForEmbedCodes(List<String> arg0,
     EmbedTokenGeneratorCallback callback) {
       //Add Token generation logic here
       callback.setEmbedToken("Insert Token here");> 

この記事はお役にたちましたか?