主要コンセプト

Rights Lockerにとって重要なコンセプトを定義するうえで助けとなるいくつかの主要な用語を説明します。
用語 定義/説明
アセット Backlotでは、お客様の素材 (ビデオなど) は「アセット」と呼ばれ、 アセット識別子またはasset_idで識別されます (別名 「embedコード」)。
Note: Rights Lockerで外部の識別子を使うことは       できません。渡される値は本物のembedコード(asset ID)である必要があります。
ラベル Backlotでは、アセットを分類する目的で定義したラベルとアセットを 関連付けることができます。ラベルの識別はlabel_idで行います。
プロバイダー プロバイダーは権限を割り当てるアセットを所持する存在になります。プロバイダーは provider_idで識別され、Backlot UIアカウント タブ、開発者 サブタブに表示されています。「パートナーコード」と呼ばれます。 Rights Locker APIを呼び出すときに、このプロバイダーIDが必要になります。
アカウント アセットに対して権限を与えるビデオ視聴者を識別するのがアカウントになります。アカウントはaccount_idで識別され、ユーザー、そしてアカウントセキュリティ内で推奨されている方法にて安全性を確保してください。Rights Lockerは権限を作成する目的にのみアカウントIDを使用します。アカウント IDはプロバイダーごとにユニークな値です。
発行ルール 視聴地域や視聴時間など、コンテンツに関する制限のセットが 発行ルールです。BacklotおよびRights Lockerでは、2種類の 発行ルールがあります。
  1. アセット発行ルールはアセット固有のもので、コンテンツ1まとまりに対するライセンスや 全体的な制限です。
  2. 権限発行ルールはユーザーごと、ラベル(コンテンツグループ)ごとのルールで、特定の取引や ユーザーに販売される製品に関するビジネス上の制限をモデル化します。
権限

権限とは発行ルールに結びつけられたプロバイダー、アカウント、および単一のコンテンツ(アセットまたは ラベル)の単一の組み合わせです。条件文の反映したものになります。

ユーザーXは条件Z のもと、コンテンツYを視聴することを許可する。

label_id、user_id、 external_product_idの各タプルに対して、権限は1つになります。3つの値を同じにして更新を行うと、以前の権限を上書きします。ユーザーは同じラベルに対して複数の権限を 持つことができますが、それぞれが異なるexternal_product_id以下に属している必要があります。

製品

1つまたは複数の権限を合わせて、プロバイダーが提供する製品に対するユーザーの 「所有権」(広い意味合いでの)を反映します。これら製品は external_product_idでグループ化されます。

たとえば、ユーザーが「シルバー」パッケージを購読したとします。その結果として、すべてのデバイスから「back catalog sitcoms (ラベルでグループ化されています)」へ、デスクトップのみから「sports channel (ラベル)」へのアクセスが 許可されます。

ユーザーは異なる製品を「所有」することができるので、異なる external_product_idでグループ分けされた複数の権限を持つことができます。 たとえば、上記例の続きになりますが、ユーザーはデスクトップからのみ sports channelsにアクセスできるシルバーパッケージと、携帯電話から sports channelにアクセスできるモバイルチャンネルの両方を所有することができます。

この記事はお役にたちましたか?