コンテンツタイプ

Ooyala は複数のコンテンツタイプをサポートしています。

ビデオ

Ooyalaにビデオをアップロードすると、Ooyalaはお客様のアカウントに合わせた設定を用いて、自動的にビデオをトランスコードし、プレイヤーを通して再生可能な形式にします。

Ooyalaへビデオをアップロードする際にはH.264形式を推奨しますが、その他一般的に使用されているコーデック (MPEG-1, MPEG-2, MPEG-4, VP6, H.264, H.263, WMV-8, WMV-9およびMJPEG)にも対応しています。

YouTubeビデオ

YouTubeビデオはYouTubeがホストするビデオをOoyalaプレイヤーで再生するものです。YouTubeビデオでできることは以下の通りです。

  • Ooyalaプレイヤーもしくは独自のプレイヤーを用いて、お客様のサイト全体に渡り、統一された見た目および使用感を維持します。
  • 統合され、カスタマイズされた体験を提供するにあたり、Ooyalaの豊富なAPI群を活用します。
  • アカウント内のすべてのビデオに関する洞察が得られ、引き続きOoyalaの一流の分析の恩恵を受けられます。
  • インターネット最大のビデオライブラリとも言えるYouTubeより、お客様のサイトを補完するコンテンツを見つけます。
  • コンテンツに対して、時間、地理、もしくはドメインに基づいたルールを適用します。
  • Ooyalaの直感的で総合的なツールを活用して、自分自身のコンテンツだけでなく、YouTubeのコンテンツを管理、公開、カスタマイズそして分析することができます。

YouTubeビデオはYouTubeから供給されるものであり、アカウントにダウンロード、Ooyalaでトランスコード、そしてお客様の公開もしくは管理コンテンツ許容量に適用することはできません。YouTubeビデオにはYouTubeのウォーターマークが入り、プレイヤーの埋め込みサイズに応じてYouTubeが提供できる最高品質で公開されることになります。

YouTubeコンテンツは、常にプレイヤーで視聴可能であるとは限りません。たとえば、ビデオが削除されたり、YouTubeno発行者ルールに従い制限、もしくはYouTubeへのアクセス自体が視聴者の企業や施設により禁止される可能性があります。

リモートアセット

リモートアセットとは、Backlotを使用してコンテンツをアップロード、処理、格納せずに、ただ Ooyalaに追加しただけのコンテンツの一部を指します。リモートアセット管理を使用すれば、管理のみならずシンジケーション、マネタイゼーション、分析そしてOoyala APIへのアクセスを含む、Backlotの利点をすべて享受できます。

Ooyala は以下の形式をサポートしています。

  • mp4, m4a, mov, 3gp, 3g2, f4v
  • HTTP経由のSMIL (シングルストリーム)、RTMP経由のSMIL (マルチストリーム)

リモートアセットはBacklot UIを使用するか、API経由でBacklotに追加することができます。コンテンツの一部をBacklotに追加すると、Ooyalaは長さやタイトルなどの基本情報を格納します。Backlot UIやAPIを通じて、ルール、カスタマイゼーション、プレビュー画像、そして追加メタデータをリモートアセットに適用することができます。

アップロードが完了すると、お好みでOoyalaもしくはCDNにてリモートアセットを公開することができます。

ライブストリーム

ライブストリームとは、リアルタイムでビデオコンテンツを公開する方法です。ライブストリーミングは、スポーツおよび音楽イベントにおいて好まれて使用されており、お客様のサイトへのトラフィックを誘導し、ブランドの認知度をあげる素晴らしい方法です。

Ooyala 発行者は同じコンテンツ管理システム内にて、ライブビデオおよびオンデマンドビデオの両アセットを管理できます。これには、ライブストリームの分析の入手、ライブストリームに対するシンジケーション制御の設定、およびライブプレイヤーのカスタマイズ/ブランド化も含まれています。加えて、適応ビットレート (ABR)ライブストリーミング、サードパーティの広告ネットワークおよび広告サーバーを用いたライブストリームやペイウォールを用いたライブストリームを収益化する機能にも対応しています。

ライブストリーミングには、ライブイベントのコンテンツをエンコードするサードパーティ製のエンコードを用意する必要があります。またライブストリーミングは、プライマリーIPアドレスおよびバックアップIPアドレスを通じてOoyalaでアクセス可能です。

Note: アカウントがライブストリーミングに対応している場合、ストリームごとに最大8つの適応ビットレートを作成することができます。アカウントに対してライブストリーミングを有効に出来ない場合、sales@ooyala.comまでお問い合わせください。

広告

現在、Ooyalaは、リニア (インストリーム)およびノンリニア (オーバーレイ)、2種類の広告をサポートしています。

リニア広告とは、広告として名づけられているビデオにすぎません。一度特徴づけると、ビデオ広告をビデオの先頭 (プリロール)やビデオの中間 (ミッドロール)、またはビデオの最後 (ポストロール)に追加することができます。ビデオ広告は個別にビデオに追加することもできますが、広告セットにまとめることもでき、セットにすると自動的に広告が切り替わります。

ノンリニア広告とは、ビデオ再生中に表示されるテキスト広告です。ビデオとにサードパーティの広告ネットワーク (DoubleClickなど)を関連づけることができます。ビデオが再生されると、サードパーティの広告ネットワークから広告が自動的に表示されます。広告が表示されると、広告をクリックしてオファーを確認することができます。

ノンリニア広告を使用するには、広告タグと、オプションでトラッキングピクセルURLが必要になります。広告タグとは、お客様の企業に関する情報およびサードパーティの広告ネットワークに渡すための広告の種類に関する情報を提供するためのURLです。トラッキングピクセルURLを使用して、広告ネットワークが広告の公開を監視することができます。

Note: お客様のビデオの中で広告を表示するにあたり、サードパーティの広告ネットワークを使用したい場合は、営業、カスタマーサクセスマネージャー、またはテクニカルサポートまでお問い合わせください。

この記事はお役にたちましたか?