イベントの発行およびサブスクライブ

イベント処理のためにメッセージを発行およびサブスクライブすることができます。

作成、接続、チェック、および読み込み

プレイヤーメッセージバスはモジュールに対して イベント処理のためにメッセージの発行およびサブスクライブする方法を提供します。 OO.Player.createonCreateを使用してメッセージバスを作成し、モジュールをメッセージバスに   接続、サードパーティ製のモジュールをチェック、そしてそれらを接続、すべてを読み込みます。

OO.Player.create

呼び出されると、OO.Player.create関数は、

  • 新しいメッセージバスを作成します。
  • 登録されているモジュールのリストを探索し、すべて作成します。
  • 登録済みモジュールすべてをメッセージバスに接続します。

onCreate

呼び出されると、onCreate: 関数(プレイヤー)は、

  • 追加モジュール (カスタム、サードパーティ製、その他タイプ)がないかチェックします。
  • 見つかった追加モジュールをメッセージバスに接続できるよう有効にします。
  • それぞれのモジュールを起動するよう、メッセージバスにメッセージを送信します。

まず最初にonCreateを呼び出すようにします。そうでないと、既存または追加(もしくはサードパーティ製) モジュールがメッセージバスに接続されず、初期化されなくなります。

プレイヤーV3およびV2のイベント処理を比較する

プレイヤーV2でイベントを処理するもっとも簡単な方法は、コールバック関数を定義し、コールバックパラメータ を使用して名前をembedタグに渡します。現在のプレイヤーでイベントを処理するには、 onCreate関数をOO.Player.create()コールに渡し、すべてのメッセージに対して登録します。例:

     
    OO.Player.create('playerwrapper',embedCode, {
    onCreate: function(player) {
    player.mb.subscribe('*','myPage', function(eventName) {});
    }
    });
   

この記事はお役にたちましたか?