2011年11月28日リリース

このセクションは、機能、変更点、および前回からの修正点を説明します。

以下にリリースアイテムを挙げます。

  • 取り込み中に外部IDを指定—外部IDを使用すると、Backlotのコンテンツを識別および管理するためのカスタム識別子が使用できるようなります。Backlotは、取り込み中に外部IDを設定できるようになりました。詳しくは、Backlot 取り込みガイドをご覧ください。
  • Backlot 対応言語の追加—Backlotは英語、日本語、フランス語、スペイン語、繁体字中国語、簡体字中国語、およびポルトガル語に対応しています。詳しくは、Backlot UIをご覧ください。
  • 新しいサポートセンター—Ooyalaには、ユーザー向けおよびデベロッパー向けの2種類のサポートセンターがあります。これらサイトには、Backlotプラットフォームに統合するために必要なものがすべて用意されています。HTMLおよびPDF形式のドキュメントに始まり、SDK、トレーニングビデオ、およびCMSプラグインまで揃っています。詳しくは、BacklotユーザーサポートセンターおよびBacklot デベロッパーサポートセンターをご覧ください。
  • Android用エンコーディングの最適化—モバイルABRストリームを最適化し、iOSでの再生に影響を及ぼすことなく、Androdiデバイスでの再生をより滑らかにしました。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • ユニークかつローカライズされたペイウォール購入メール—これまでは、ペイウォールで購入していただいたお客様に汎用的なメールをお送りしていました。それぞれの購入に対してユニークなメールを指定することができます、そして。ローカライズしたメールを送ることもできます (PayPalから取得したローカルを基にして)。詳しくは、アカウント担当者までお問い合わせください。
  • カスタムbit.lyアカウント—Twitterとの共有時、Ooyala bit.ly URL短縮サービスを使用します。URLの短縮に、独自のbit.lyアカウントを使用できるようになりました。詳しくは、アカウント担当者までお問い合わせください。
  • 拡張検索—検索結果を強化し、ラテン語以外の検索結果を改善するために多くの変更を施しました。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • API V2の性能改善—API v2コールが30%高速になり、最大で5倍の速度向上を実現しました。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • デバイスベースのカスタマイズ—Ooyalaはコンフィギュレーション設定を使用して、多くのデバイスタイプの要件に応えます。現在、デバイスタイプに基づき最大ビットレート、最小ビットレート、バッファ長に対する追加のカスタムコンフィギュレーション設定をサポートしています。デフォルト設定ではサポートされていない特殊なユースケースをお持ちの場合、アカウント担当者までお問い合わせください。

---

この記事はお役にたちましたか?