2011年12月12日リリース

このセクションは、機能、変更点、および前回からの修正点を説明します。

以下にリリースアイテムを挙げます。

  • Android用UIの変更—OoyalaはAndroidタブレットデバイス用の新しいUIを開発しました。デスクトップまたは大きなタッチスクリーンの場合、電話用のUIを表示しません。6インチ以下は電話として扱い、6~13インチはタブレット、13インチ以上はコンピューターとして扱います。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • 認証済みストリーム (トークンベース)のOoyala/VAST広告—Ooyala/VAST広告が、Ooyalaのトークンベース認証コンテンツ保護を使用して認証されたストリームに対応しました。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • ペイウォールと全画面—視聴者が全画面モードで視聴していると、支払画面はビデオの裏側に隠れていました。現在、お客様が支払うと、プレイヤーが全画面モードを終了するので、支払処理を完了させることができます。この変更は自動的に反映されるので、お客様のほうで特にしていただくことはありません。
  • 再ビルドストリームAPI—トランスコードされたストリームのストリームURLにアクセスできるようになりました。これにより、独自ソリューションへのダウンロードの実装、およびプログラムからトランスコードされたコンテンツにアクセスできるようになりました。詳しくは、Ooyala デベロッパーガイドをご覧ください。

この記事はお役にたちましたか?