カスタムアナリティクスの閲覧

カスタムアナリティクスレポートはあなたが設定したタグのパフォーマンス情報を表示します。

カスタムアナリティクスを使うには、アカウントでアナリティクスを有効にして、Backlot APIを使用して設定を行う必要があります。詳しくは、Ooyalaデベロッパーガイドをご覧ください。

カスタムアナリティクスレポートの表示方法:

  1. Backlot UIへログインします。 Backlot UIを開きます。
  2. 分析ページを開きます。 パフォーマンスページの表示と共に分析ページが開きます。
  3. ディメンジョンリストボックスから、カスタムディメンジョンを選択します。 タグごとのパフォーマンスを示すカスタムアナリティクスレポートが表示されます。 Custom Analytics Report
  4. 日付範囲を指定するには、右上隅の日付をクリックして新しい日付範囲を選択します。 Date Selection
  5. デフォルトでは、グラフは指定された期間の再生を表示します。メトリックスをグラフに変更するには、グラフリストボックスをクリックし、表示するメトリックスのボックスにチェックをつけます。たとえば、再生表示を比較して、何人の人が表示されたビデオを再生したかを閲覧したり、または再生100%プレイスルーを比較して何人の人が初めから終わりまでコンテンツを再生したかを閲覧する状況があるかもしれません。 Graph デフォルトでは、グラフの各点は日を表します。この設定を変更して、またはを示すこともできます。
  6. レポートに表示されるデータの種類は変更可能です。 レポートに現れるデータの種類を指定するには、表示カラム数をクリックして、表示する各データの種類のチェックボックス選択します。

    再生、表示、初期再生(または”再生開始”)に関する詳しい考察は、http://help.ooyala.com/video-platform/concepts/analytics_plays-and-displays.htmlをご覧ください。

    オプション 説明
    再生 視聴者が見た単独のビデオ、チャンネル、またはチャンネルyセット。再生にリプレイは含まれていません。
    初回再生 視聴者のセッションにおいて(単一ブラウザセッション)、初めて再生されたビデオ、チャンネル、またはチャンネルセット。たとえば、視聴者が3回ビデオをリプレイをする場合、1回の初回再生と3回の再生として数えます。
    表示 プレイヤーの単一読み込み。たとえば、プレイヤーを読み込み、視聴者が自動再生を通じて4本のビデオを視聴すると、1回の表示、4回の再生と記録されます。
    25%再生 少なくとも視聴者が全体の25%は視聴したビデオ、チャンネル、またはチャンネルセット。
    50%再生 少なくとも視聴者が全体の50%は視聴したビデオ、チャンネル、またはチャンネルセット。
    75%再生 少なくとも視聴者が全体の75%は視聴したビデオ、チャンネル、またはチャンネルセット。
    100%再生 視聴者が最初から最後まで視聴したビデオ、チャンネル、またはチャンネルセット。
    ビデオごとの平均ユニークユーザー数 1日あたりのビデオ、チャンネル、またはチャンネルセットに対するユニークな視聴者数の平均。
    ビデオごとのユーザー単位のビデオ数 1日あたりユーザーごとに再生されたビデオ数の平均。
    ビデオ変換レート 実際にビデオが再生された回数に対するビデオが表示された数。トラフィックが高いページで表示されたけれども、実際再生されることがなかったビデオの変換レートは低くなります。
    公開時間 指定された期間に公開された時間数。
    ビデオごとの平均視聴回数 指定された期間のビデオが視聴された回数の平均。
  7. カンマ区切りの値のスプレッドシート形式へレポートをエクスポートするには、CSVで保存をクリックして、コンピューターにファイルを保存します。

この記事はお役にたちましたか?