カスタムアナリティクス内のFacebookデータの記録

お客様のユーザーがFacebook Connectを通じてサイトにログインする場合、ユーザーの基本情報(地理的情報、学歴、職歴、好み、嗜好など)へアクセスできます。

次の例はFacebook Connectから取得できる情報の種類を示します。

https://graph.facebook.com/btaylor    
   

次のようなレスポンスを返します。

{
   "id": "220439",
   "name": "Bret Taylor",
   "first_name": "Bret",
   "last_name": "Taylor",
   "link": "http://www.facebook.com/btaylor",
   "username": "btaylor",
   "gender": "male",
   "locale": "en_US"
}	    
   
注: Facebook Connectの使い方についての詳しい情報は、Facebookデベロッパーのサイトをご覧ください。

次の例はJaveScriptを使ってFacebookのデータからユーザーの性別の記録の作成方法を説明します。

  1. 記録する各情報にタグを作成します。この例では、malefemaleタグを作成します。

    次の例はmaleタグを作成します。

    [PUT] /v2/analytics/tags/male
    {
      “display_name”: "Male" 
    }     
        

    次の例はfemaleタグを作成します。

    [PUT] /v2/analytics/tags/female
    {
      “display_name”: "Female" 
    }     
         
    リクエストが成功すると、Backlotは200のレスポンスを返します。
  2. FB.apiを初期化して、ユーザーがログインしているかを確認します。詳しい情報は、Facebook JavaScript SDKをご覧ください。
  3. playerAPICallbackコールを経由してmaleまたはfemaleタグを記録するクライアントコードを埋め込みます。

    次の例はFacebook APIにコールを発行し、ユーザーの性別を取得し、playerAPICallbackコールが発行される度に性別を記録します。

    var tags = new Array();
    
    FB.api( "/me", function(response) {
    	tags[0] = response.gender;
    });
    
    function playerAPICallback(playerId, eventName, eventParams) {
    	if(eventName=="playerEmbedded"){
    		document.getElementById(playerId).setModuleParams({
    			"analytics":{
    				"tags": tags
    			}
    		});
    	}
    }      
          
         
  4. プレイヤーを埋め込むクライアントコードを埋め込んで、OnCreate 埋め込みパラメータを前もって定義した関数playerAPICallbackで指定します。 次の例はプレイヤーのV3作成の基本例です。第3引数は名前/値ペアのハッシュです( プレイヤーAPIリファレンスで説明)。
      window.player = OO.Player.create('playerwrapper','w3ZHc0Njr33Tdp-RRcwfZMjaOrmzOP82', {
        onCreate: window.playerAPICallback, 
        .
        .
        .
        }
    .
    .
    .

Backlot UIまたはBacklot APIを通じて、結果を表示できるようになります。

この記事はお役にたちましたか?