XMLメタデータファイルの作成

XMLメタデータファイルには、広告セットへの関連付けを含む、アップロードしたビデオに関する情報が 標準XML形式で記載されています。

CSV形式同様、XML形式は、サムネイル(プレビュー画像)とカスタムメタデータを指定してビデオに 関連付けることができます。それに、XML形式で、前回広告セットに定義した名前を関連付けることもできます。

XMLメタデータファイルの要素は次のように なります。これらの要素は、取り込む各ビデオに対応して、<item> で入れ子にされます。
カラムヘディング(フィールド名) 説明
<media:content> アップロードしたビデオのファイル名、または、ビデオがあるURL(MRSS経由の取り込み用)。 httpsではなく、httpで始まるURLのみが許可されます。(MRSS経由の取り込み関する詳細は、MRSSの設定をご覧ください)。
<media:title> ビデオ名またはビデオのタイトル。
<media:thumbnail> サムネイルのファイル名、またはサムネイルがあるURL。
<media:description> ビデオの説明。
<link> ビデオを埋め込んだパーマネントURL。作成されたアセットhosted_atプロパティへマップされます。
<dcterms:valid> フライトタイム: アセットのが再生可能開始時間および再生可能終了時間。
<ooyala:labels> カンマ区切りの1つ以上のラベル(例:/sports,/sports/jogging)。
<ooyala:metadata> ビデオのメタデータ。メタデータのそれぞれの種類に対してエレメントを持つことができます。たとえば、<ooyala:metadata name="internal_id"><ooyala:metadata name="category">などです)。
<ooyala:remoteasset> ビデオを埋め込むパーマネントURL。リモートアセットのhosted_atプロパティの値へのマップ。
注: リモートアセット作成後、さまざまなCDNに浸透するまでに60秒程度の遅延が発生します。リモートアセット作成後、 短時間でそのアセットをリクエストすると、結果がCDNにキャッシュされてしまい、 そのキャッシュがクリアされるまで数分掛かることもあります。ベストプラクティス: リモートアセット作成後、30秒または60秒待ってから Backlot API [GET] /v2/assets/asset_id ルートで問い合わせを行い、リモートアセットのembedコード (コンテンツIDまたはアセットID)の受け取り後、 アセットの埋め込みを実施します。
<guid> 作成したアセットのexternal_idプロパティへのマップ。コンテンツIDの代わりに 使用することができる、自分で定義するカスタム識別子。詳しくは、CSVまたはXMLのアセットメタデータを更新をご覧ください。
<ooyala:ads> ビデオに関連付けるために以前定義された広告セットの名前。<source>エレメントの 有効値には、こちらの広告ソース値一覧をご覧ください。こちらに含むべきその他のフィールドは、広告ソースに厳密に依存します。詳しくは 例を参照していください。

XMLメタデータファイルを作成する方法:

  1. ビデオをアップロードします。
  2. できればXMLを検証するテキストエディタを開きます。
  3. XMLの必須ヘッダを追加します。例:
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <rss version="2.0" xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/"
     xmlns:dcterms="http://purl.org/dc/terms/"
     xmlns:fh="http://purl.org/syndication/history/1.0"
     xmlns:ooyala="http://www.ooyala.com/mrss/">
        
  4. channelコンテナを作成します。
  5. 各ビデオ対して、上記の表にある必要な要素を含むitemエントリを作成します。

    次の例はXMLが2本のビデオを指定します。1本目のビデオの場合、 ファイルとサムネイルがアップロードサーバーにあり、そのサーバーから取得します。2本目の ビデオの場合、ファイルとサムネイルはすでにOoyalaサーバーにアップロードされています。また、2本目 にはフライトタイムと広告があります。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <rss version="2.0" xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/"
         xmlns:dcterms="http://purl.org/dc/terms/"
         xmlns:fh="http://purl.org/syndication/history/1.0"
         xmlns:ooyala="http://www.ooyala.com/mrss/">     
         
         <channel>
               <item>     
                <media:content url="http://mysite.com/upload/lacrosse_70.mov" />
                <media:thumbnail url="http://mysite.com/upload/lacrosse_70_previewimage.jpg" />
                <media:title>Sports that Really Exist: Lacrosse</media:title>
                <media:description>My emotional and touching description of my video</media:description>
                <ooyala:labels>/sports/lacrosse,/hobbies/lacrosse</ooyala:labels>
                <link>http://mysite.com/videos/sports/real_sports.html</link>
                <ooyala:metadata name="video_ID">70</ooyala:metadata>
                <ooyala:metadata name="season_number">1</ooyala:metadata>
               </item>
               
               <item>     
                <media:content url="curling_71.mov" />
                <media:thumbnail url="curling_71_previewimage.jpg" />
                <media:title>Sports that Really Exist: Curling</media:title>
                <media:description>My emotional and touching description of my video</media:description>
                <ooyala:labels>/sports/curling,/hobbies/curling</ooyala:labels>
                <link>http://mysite.com/videos/sports/real_sports.html</link>
                <ooyala:metadata name="video_ID">71</ooyala:metadata>
                <ooyala:metadata name="season_number">1</ooyala:metadata>
                <!-- set flight times -->
                <dcterms:valid>start=2011-06-28T15:15:00-07:00;
                    end=2022-12-01T16:00:00-07:00;scheme=W3C-DTF
                    </dcterms:valid>
              
               </item>
         </channel>
    </rss>
    
        
  6. ファイルをXML形式で保存します。必ずユニークな名前を指定します。2つのファイルに同じ名前を指定し、1つを処理している時にもう1つをアップロードすると、2本目が無視される可能性があります。
  7. 選択したアップロード方法を使用して、ビデオを同様にXMLファイルをアップロードします。FTPまたは Asperaをご覧ください。

この記事はお役にたちましたか?