XTV向けiOS開発プロジェクトの作成

iOS開発プロジェクトの設定をする必要があります。

私たちが提供する例には、Xcode IDEが使われています。Apple Xcodeツールを使用すれば、iOS開発プロジェクトの効率が上がります。開発プロジェクトを始めるにあたり、Xcodeアプリを起動します。
注: DLNA再生ができるよう設定し、設定のテストができるようにしてください。例は別表Aで示されています。

新規XTVプロジェクトを作成

  1. 新規Xcodeプロジェクトを作成を選択します。
  2. 新しいアプリケーションにテンプレートを選択します。次の例では、 シングルビューアプリケーションを選択しました。

プロジェクトに名前を付ける

  1. プロジェクトのオプションを入力します。製品名(アプリケーション名)を入力し、デバイス(iPhone)やその他の関連オプションを選択します。

必須ライブラリをインポート

  1. 次の手順は、iOS SDKと iOS SDK用 XTVコネクトDLNAから必須ライブラリをインポートします。 プロジェクトにインポートすべきファイル一式の一覧がこちらになります。
    • AssetsLibrary.framework
    • AudioToolbox.framework
    • AVFoundation.framework
    • CFNetwork.framework
    • CoreGraphics.framework
    • CoreMedia.framework
    • CoreText.framework
    • Foundation.framework
    • MediaPlayer.framework
    • Security.framework
    • SystemConfiguration.framework
    • UIKit.framework
    • libc++.dylib
    • libxml2.dylib

ライブラリ、データ、ヘッダのコピー

  1. Ooyala iOS SDKを開きます。
  2. iOS SDKヘッダフォルダをXcode開発ツールにドラッグ&ドロップします。
  3. Ooyala XTVコネクトDLNAプラグインSDKを開きます。
  4. XTVコネクトDLNA SDKプラグインヘッダフォルダをXcode開発ツールにドラッグ&ドロップします。

ビューコントローラーの編集

  1. 注: ビューコントローラーへ次のコード行を追加します。
    プロバイダーID(PCODE)をBacklotアカウントから取得します。詳しい情報は、 Ooyalaサポートセンター > ドキュメント > BacklotデベロッパーサイトAPIキーのトピックをご覧ください。
  2. PCODEとプレイヤーのドメイン(以下を参照)を追加します。 www.ooyala.com[[ OODlnaPlayerViewController   alloc ]  initWithPcode : PCODE   domain : PLAYERDOMAIN ];
  3. このステートメントのembedコード(Backlotから取得できます)を指定する必要があります。 [ooyalaPlayerViewController.player setEmbedCode:EMBED_CODE];
  4. 必要に応じて、次の例にあるコード行をカット&ペーストしても構いません。指定したpcodeとembedコードが指定されているか必ず確認します。
    #import "ViewController.h"
    [[ OODlnaPlayerViewController   alloc ]  initWithPcode : PCODE   domain : PLAYERDOMAIN ]; 
    
     // Create Ooyala ViewController
      ooyalaPlayerViewController = [[OOOoyalaPlayerViewController alloc] initWithPcode:PCODE domain:PLAYERDOMAIN];
    
      // Attach it to current view
      [self addChildViewController:ooyalaPlayerViewController];
    
      // Set player frame && attach the view
      [ooyalaPlayerViewController.view setFrame:self.view.frame];
      [self.view addSubview:ooyalaPlayerViewController.view];
    
      // Load the video
      [ooyalaPlayerViewController.player setEmbedCode:EMBED_CODE];
        

    これでビルドを実行する準備が整いました。

プロジェクトのビルド

  1. 必要なコンポーネントをすべて開発環境にコピーしたら、実行を選択して、プロジェクトをビルドします。ビルドに成功したら、XBMCを使って結果を確認することができます。

トラブルシューティング

ビルド、またはビルド結果に問題があれば、次のトラブルシューティングのヒントをすべて試してみてください。

  • デバイスがすべて同じWifiネットワーク上にあり、次のポートが指定されたプロトコルに対して開かれて いるか確認します。
    • UDP: ポート 1900
    • TCP: ポート 2869
  • データディレクトリがアプリと正しくバンドルされているかを確認します。正しく設定されていない場合、ログメッセージが生成されます。
    Device DB not installed    
       
  • XBMC DLNA/Airplayレンダラーで設定を検証します。XBMCを使用してDLNA再生の設定とテストをご覧ください。

この記事はお役にたちましたか?