サンプルウェブページの作成

いつでもコードを生成できますが、ウェブページ作成時にコード生成することを推奨します。

次の例は製品へコードを追加する方法を示しています。

  1. プロシージャはCMSへビデオをアップロードします。
  2. アップロードにより、メタデータをリクエストするスクリプトがトリガされます。
  3. スクリプトはコンテンツと共にメタデータを埋め込みます。
  4. スクリプトはその他のコンテンツの準備タスクを実行します。
  5. スクリプトまたはプロシージャはコンテンツを使用可能な状態に設定します。

この記事はお役にたちましたか?